新川敏光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新川 敏光
(しんかわ としみつ)
生誕 (1956-12-10) 1956年12月10日(62歳)
研究分野 政治過程論
研究機関 法政大学
出身校 東北大学学士修士トロント大学 (Ph.D)
指導教員 大嶽秀夫
プロジェクト:人物伝

新川 敏光(しんかわ としみつ、1956年12月20日 - )は、日本政治学者法政大学法学部教授、京都大学名誉教授。元日本比較政治学会会長。専門は、政治過程論、比較福祉国家研究。

略歴[編集]

学歴[編集]

研究歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本型福祉の政治経済学』(三一書房, 1993年)
  • 『戦後日本政治と社会民主主義――社会党・総評ブロックの興亡』(法律文化社, 1999年)
増補改題『幻視のなかの社会民主主義』(法律文化社, 2007年)
  • 『日本型福祉レジームの発展と変容』(ミネルヴァ書房, 2005年)
  • 『福祉国家変革の理路 労働・福祉・自由』ミネルヴァ書房 2014
  • 田中角栄 同心円でいこう』ミネルヴァ書房・ミネルヴァ日本評伝選、2018

共著[編集]

編著[編集]

  • 『シリーズ現代の福祉国家(2)多文化主義社会の福祉国家――カナダの実験』(ミネルヴァ書房, 2008年)
  • 『福祉レジームの収斂と分岐 脱商品化と脱家族化の多様性 (シリーズ現代の福祉国家)ミネルヴァ書房, 2011.
  • 『現代日本政治の争点』編 法律文化社 2013
  • 『福祉レジーム』 (福祉+α)編著 ミネルヴァ書房, 2015
  • 『国民再統合の政治 福祉国家とリベラル・ナショナリズムの間』編. ナカニシヤ出版 2017

共編著[編集]

  • (ジュリアーノ・ボノーリ)『年金改革の比較政治学――経路依存性と非難回避』(ミネルヴァ書房, 2004年)
  • Ageing And Pension Reform Around The World: Evidence From Eleven Countries, co-edited with Giuliano Bonoli, (Edward Elgar, 2005).
  • (大西裕)『世界政治叢書(9)日本・韓国』(ミネルヴァ書房, 2008年)
  • (篠田徹)『労働と福祉国家の可能性――労働運動再生の国際比較』(ミネルヴァ書房, 2009年)

翻訳[編集]

  • ジョージ・アンダーソン『連邦制入門』監訳, 城戸英樹,辻由希, 岡田健太郎訳 関西学院大学出版会, 2010
  • セバスチャン・ルシュヴァリエ『日本資本主義の大転換』監訳 岩波書店 2015

論文[編集]

雑誌論文[編集]

  • 「ロバート・ダールにみる多元主義の論理」『東北法学』7号(1983年)
  • 「権力論の再構成にむけて」『法学』49巻1号(1985年)
  • 「国家と社会――制度論的アプローチをめぐって」『法政理論』21巻4号(1989年)
  • 「社会統合の危機と福祉国家」『法政理論』23巻3・4号(1991年)
  • 「『日本型福祉』と保守支配体制の再編強化(1-2)」『法政理論』25巻1・2号(1992年)
  • 「社会民主主義論再考――スウェーデン研究を手掛かりにして」『法政理論』26巻4号(1994年)
  • 「国労にみる戦後左派労働運動の軌跡と悲劇」『法政理論』27巻1号(1994年)
  • 「新潟県における開発型政治の形成――初代民選知事岡田正平とその時代」『法政理論』27巻3・4号(1995年)
  • 「もう一つの55年体制――交叉階級的連合と企業主義」『北大法学論集』47巻1号(1996年)
  • 「日本型福祉体制の特質と変容」『現代思想』(2000年3月号)
  • 「戦後社会保障政策の過程と構造」『季刊社会保障研究』37巻1号(2001年)
  • 「福祉国家の改革原理――生産主義から脱生産主義へ」『季刊社会保障研究』38巻2号(2002年)
  • 「カナダ福祉国家研究の地平」『大原社会問題研究所雑誌』519号(2002年)
  • 「グローバル化の中の福祉国家」『季刊家計経済研究』59号(2003年)
  • 「カナダ医療保険の現状と課題」『都市問題研究』57巻8号(2005年)
  • 「福祉国家の相対化――ガヴァンメントからガヴァナンスへの視座転換」『季刊社会保障研究』41巻3号(2005年)
  • 「日本における社会民主主義の可能性――原点が存在する」『生活経済政策』100号(2005年)
  • 「不平等と政治的動員戦略」『年報政治学』(2006年)
  • 「カナダ連邦政治と国家統合」『法学論叢』1585・6号(2006年)
  • 「比較の中の日本型社会保障レジーム――家族主義から自由主義へ」『社会福祉研究』99号(2007年)
  • 「自由主義福祉レジームの多様性――断続均衡と漸増主義のあいだ」『法学論叢』159巻5・6号(2007年)-ダニエル・ベランと共同執筆
  • 「脱福祉国家時代の社会権」『現代思想』35巻11号(2007年)

単行本所収論文[編集]

  • 「1975年春闘と経済危機管理」大嶽秀夫編『日本政治の争点――事例研究による政治体制の分析』(三一書房, 1984年)
  • 「カナダ福祉国家の発展と構造」国武輝久編『カナダの憲法と現代政治』(同文舘, 1994年)
  • 「三木武夫――理念と世論による政治」渡邉昭夫編『戦後日本の宰相たち』(中央公論社, 1995年/中公文庫, 2001年)
  • "Occupational Welfare and the Japanese Experience," in M. Shalev ed., The Privatization of Social Policy?, (Macmillan, 1996).
  • 「日本――日本型福祉の終焉?」岡沢憲芙・宮本太郎編『比較福祉国家論』(法律文化社, 1997年)
  • 「戦後日本資本主義とデモクラシー――日本社会党と社会民主主義」内山秀夫薬師寺泰蔵編『グローバル・デモクラシーの政治世界』(有信堂, 1997年)
  • 「歌を忘れたカナリア?――社会党『現実』政党化路線のワナ」山口二郎・生活経済研究所編『連立政治――同時代の検証』(朝日新聞社, 1997年)
  • 「医療保険――連邦主義と州権主義の相剋」城戸喜子・塩野谷祐一編『先進諸国の社会保障(3)カナダ』(東京大学出版会, 1999年)
  • "The Transformation of Labor Politics in Contemporary Japan: the Rise and Decline of the 1955 Regime and Enterprise Unionism," in Ulrich Kloeti and Katsumi Yorimoto eds., Institutional Change and Public Policy in Japan and Switzerland, (Universitaet Zuerich, 1999).
  • "Failed Reform and Policy Changes of the SDPJ," in Otake Hideo ed., Power Shuffles and Policy Processes, edited by (Tokyo: Japan Center for International Exchange, 2000).
  • 「階級政治論の再構成」小川浩三編『北海道大学法学部ライブラリー (6) 複数の近代』(北海道大学図書刊行会, 2000年)
  • 「福祉国家の世紀と階級政治」宮本太郎編『講座・福祉国家のゆくえ (4) 福祉国家再編の政治』(ミネルヴァ書房, 2002年)
  • 「日本における福祉国家の新しい政治」高木郁朗・住沢博紀・T.マイヤー編『グローバル化と政治のイノベーション』(ミネルヴァ書房, 2003年)
  • 「政党――労組関係の変容と日本社会党の転落」山口二郎・石川真澄編『日本社会党――戦後革新の思想と行動』(日本経済評論社, 2003年)

門下生[編集]

  • 近藤正基
  • 安周永
  • 荒木隆人
  • 河村有介