新川神社 (富山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新川神社
Niikawa-Jinja (Toyama-shi) (4)t.jpg
拝殿
所在地 富山県富山市新庄町2丁目13-47
位置 北緯36度42分00.3秒
東経137度15分17.0秒
主祭神 大己貴命(大新川命)
白山比咩命(大新川姫命)
天照皇大神
菅原道真公
社格 国史見在社・旧郷社
本殿の様式 神明造
例祭 4月19日・10月19日
テンプレートを表示

新川神社(にいかわじんじゃ)は、富山県富山市新庄町にある神社である。旧社格郷社

祭神[編集]

大己貴命白山比咩命天照皇大神菅原道真公を主祭神とし、琴比羅神建御名方命を合せ祀る。大己貴命を「大新川命」、白山比咩命を「大新川姫命」と称して尊崇されており、『国史大系』では新川郡の地名は大新川命に因むものとしている。

貞享2年(1685年)の由来書には「白山、神明、天神云々」とあり、「新川四社権現」とも称された。

歴史[編集]

日本三代実録貞観9年(867年)2月27日条に「正五位上、新川神に従四位下を授く」という記述が初見で、同18年7月11日には従四位上に昇叙されているが(同書)、『延喜式神名帳』の記載はない(国史見在社)。元の鎮座地は志麻郷八島野(現在の富山市五本榎)であり、中世以降は新庄城の鎮守とされた。元和元年(1615年)夏、常願寺川の洪水により社殿が浸水したので、高台の現在地に遷座した。江戸時代中期から明治維新までは立山権現(雄山神社)の前立社とみなされ、立山に参詣する者は必ず当社に参拝した。明治6年(1873年)に郷社に列格した。

なお、立山山麓の芦峅寺の姥堂が明治の廃仏棄釈により取り壊された時、「姥堂は式外社・新川神社である」として再興が願い出られたが、証拠不十分として認められなかった。現在、芦峅寺の後裔である雄山神社中宮の境内には、末社として新川姫神を祭神とする治国社(宝童社)がある。

主な祭礼[編集]

  • 4月19日 - 春季祭礼「どべ祭り」(2006年(平成18年)「とやまの文化財百選(とやまの祭り百選部門)」に選定)

参考文献[編集]

  • 『とやまの文化財百選シリーズ(3) とやまの祭り』(富山県教育委員会 生涯学習・文化財室)2007年(平成19年)3月発行
  • 『とやま祭ガイド』(北日本新聞社2004年(平成16年)3月31日発行 ISBN 4-906678-87-4