新川駅 (阪神)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新川駅(しんかわえき)は、兵庫県神戸市葺合区旭通一丁目付近にあった、阪神電気鉄道本線

概要[編集]

座標: 北緯34度41分53秒 東経135度12分1.1秒 / 北緯34.69806度 東経135.200306度 / 34.69806; 135.200306 1933年昭和8年)6月の神戸地下線開業まであった地上駅で、現在の中央区旭通1丁目付近にあったとされている。[1]ホームの構造は不明。

岩屋から三ノ宮までの廃線跡[編集]

春日野道駅から三ノ宮駅にかけての区間は岩屋駅より吾妻通4丁目付近まで真っ直ぐの2車線道路となっている。旧神戸臨港線を跨ぐ橋付近までは阪神の地下線があるため道幅が広くなっているが、この橋より西側から旧吾妻小学校付近まではやや道幅が狭い2車線道路となっている。そして現在の大安亭市場より西側は三ノ宮駅寄りからの東行き一方通行のさらに狭い道となっている。大安亭市場から新川駅まではさらに1つ北側の道に線路があるが、旧吾妻小学校付近から八雲通6丁目への区間は斜めに線路が曲がっている。この辺りは阪神が地下線で開業した後の1936年頃までは廃線敷に沿って道路が残っていたが、現在軌道敷跡は丁度斜め方向に住宅が建ち、自転車が通れる程度の狭い道となっている。八雲通6丁目から当駅を経て三ノ宮駅へは旧国鉄線付近まで進み、ここから三ノ宮駅までは旧国鉄と併走していた。なお阪神が旧三ノ宮駅があった頃旧国鉄三ノ宮駅は現在の元町駅の位置にあったため、現在地に駅は無かった。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

阪神電気鉄道
本線
春日野駅 - 新川駅 - 三ノ宮駅

脚注[編集]

  1. ^ 實地踏測神戸市街全圖(昭和5年6月10日印刷、昭和5年6月20日発行) - 国際日本文化研究センター 所蔵地図データベース 駅名に関してはこの地図に記載されている駅名新川としている。