新弥生駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新弥生駅
しんやよい
Shin-Yayoi
寿 (1.4*km)
(3.6*km) 下頓別
所在地 北海道枝幸郡中頓別町字弥生
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 天北線
キロ程 48.0*km(音威子府起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1959年昭和34年)11月1日(仮乗降場)
1987年(昭和62年)4月1日(駅昇格)
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 天北線廃線に伴い廃駅
*キロ程は実キロ(営業キロは最後まで設定されなかった)
テンプレートを表示
1977年の新弥生仮乗降場と周囲約500m範囲。上が浜頓別方面。中頓別側に踏切があり、ホームはそのすぐ北側の線路左にある。待合室が踏切脇に見える。周囲に民家は疎らである。寿駅も同様だが、脇を走る国道275号は、整備される以前は右下に見えるような細い道路で、周囲を山と蛇行する頓別川で切り離されたこれらの開拓地帯は、冬になると孤立する恐れがあった。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

新弥生駅(しんやよいえき)は、北海道宗谷支庁枝幸郡中頓別町字弥生にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)天北線廃駅)である。天北線の廃線に伴い1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。

仮乗降場に出自を持つ無人駅となっており、駅舎はないが待合所を有していた。

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名に「新」を冠する。

駅周辺[編集]

広大な原野が広がる。

駅跡[編集]

2010年(平成22年)時点では藪の中に[3]コンクリート製のホームが残存しており[4]、2011年(平成23年)時点でも同様であった[3]。また2011年(平成23年)時点では駅跡手前にある広場に金具が付いたままの枕木が放置されていた[3]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
天北線
寿駅 - 新弥生駅 - 下頓別駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中頓別町史 P855 によれば、1956年12月に弥生停留所が設けられ、1960年9月に新弥生と改称。
  2. ^ 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)17ページより。
  3. ^ a b c 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)246-247ページより。
  4. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)17ページより。

関連項目[編集]