新後撰和歌集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新後撰和歌集』(しんごせんわかしゅう)は、正安3年(1301年)に、後宇多院の命により編纂が開始され嘉元元年(1303年)に奏覧された13番目の勅撰和歌集。20巻。二条為世撰。歌人は藤原定家藤原為家藤原俊成亀山院などで、歌数はおよそ1600首。異称に津守集(つもりしゅう、津守氏の歌が多いことに由来するという)。