新恵里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新 恵里(あたらし えり)は、日本の社会学者被害者学犯罪社会学などを研究[1]

来歴[編集]

大阪府立高津高等学校卒業。1996年京都産業大学法学部卒業。2002年大阪市立大学大学院生活科学研究科修了。大阪教育大学講師などを経て、京都産業大学法学部准教授。

大学院在学中の1999年より奈良少年刑務所において服役する少年囚に被害者のことを理解させるための教育に取り組んできたとして、2017年3月に法務省から感謝状が贈られた[2]

著書[編集]

単著
  • 『犯罪被害者支援―アメリカ最前線の支援システム』 径書房2000年ISBN 978-4770501752。
共著
  • 『はじめよう!被害者支援: 地域から創る支援システム』 被害者支援を創る会、幹書房、2001年ISBN 978-4944004775。

出典・脚注[編集]