新感覚☆わかる使える英文法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

新感覚☆わかる使える英文法』(しんかんかく わかるつかえるえいぶんぽう)は、NHK教育テレビジョンで放送された語学番組。2006年度に放送された『新感覚☆キーワードで英会話』に替わる英語の入門講座である。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時。『新感覚☆キーワードで英会話』迄は、年度下半期に上半期分(特別編を除く)の再放送を行っていたが、この番組以降ではそうした形態は取られない。

2007年上期[編集]

4月2日から9月27日まで。

  • 本放送:
    • 月曜日 23:30 - 23:40
    • 火曜日~木曜日 23:00 - 23:10
  • 再放送:同一週金曜日・土曜日 6:40 - 7:00、翌週月曜日~木曜日 12:00 - 12:10
    金曜日は月・火曜分、土曜日は水・木曜分を放送。
  • まとめ再放送:(10分×4本)
    • 日曜日 0:30 - 1:10(土曜日深夜)
    前番組までは、再放送は翌週放送となっていたが、この番組から全て同一週内の放送に変わった。

2008年下期[編集]

  • 本放送:
    • 月曜日 23:50 - 0:00
    • 火曜日~木曜日 23:00 - 23:10
  • 再放送:
    • 同一週金曜日・土曜日 6:40 - 7:00
      金曜日は月・火曜分、土曜日は水・木曜分を放送。
    • 翌週月曜日~木曜日 12:00 - 12:10

備考[編集]

  • 前番組で問題となった総合テレビ英語でしゃべらナイト』との時間重複については、『しゃべらナイト』を開始当初の月曜日23:00 - 23:30に戻すことで、重複を回避した。
  • 2007年8月8日・9日、13日〜16日及び20日・21日は、高校野球のため翌週再放送分が放送できず、当該放送時間が変更された。
    • 8月8日・9日分は11日16:00 - 16:20に2本連続
    • 13日~16日分は18日16:00 - 16:40に4本連続
    • 20日・21日分はそれぞれ当日の16:00 - 16:10
  • 2008年3月23日~26日及び31日~4月1日は、高校野球のため翌週再放送分が放送できず、当該放送時間が変更された。
    • 3月23日~26日はそれぞれ当日の15:00 - 15:10
    • 3月31日~4月3日分は5日15:20 - 16:00に4本連続(4月2日・3日分は12:30 - 12:40の通常時間にも再放送された)

番組内容[編集]

近年の同枠で放送された番組は毎回1つのテーマを設定していたが、この番組では週ごとにテーマを設定している。月曜日にその週のテーマの概略を説明し火・水・木曜日のスキットをまとめて放送する。火・水・木曜日に再びスキットを放送し詳しい解説に入っていく。

NHKの英会話講座に独自につけられているレベルの目安で、レベル3~4(中学3年~高校レベル)と位置づけられている。

第1月 コトの世界を語る:動詞の文法(1)
Chapter1 「現在」の話をしよう
  • 現在・単純形
  • 現在・進行形
  • 現在・完了形
Chapter2 「過去」の話をしよう
  • 過去・単純形
  • 過去・進行形
  • 過去・完了形
Chapter3 「未来」の話をしよう
  • will & be going to & be about to
  • will+進行形
  • will+完了形
Chapter4 動詞で語る「コト」の世界
  • 他動詞と自動詞
  • 助動詞(can,must,be,have,do)
  • 使役動詞
第2月 コトの世界を語る:動詞の文法(2)
Chapter5 話し手の態度を語る(1):助動詞
  • can
  • must & may
  • will & shall
Chapter6 話し手の態度を語る(2):助動詞の過去形、副詞・形容詞
  • would & could
  • should & might
  • 態度表明型の副詞・形容詞
Chapter7 話し手の態度を語る(3):助動詞の関連表現
  • be able to & can
  • be going to & will、used to & would
  • must & have to & need to
Chapter8 表に出ない行為者:受動態構文
  • 能動態と受動態
  • 受動態の特徴
  • 過去分詞を伴った感情表現
Chapter9 形が同じなら共通の働き:HAVE & BE & INGの力
  • HAVEの構造ネットワーク
  • BEの構造ネットワーク
  • INGの構造ネットワーク
第3月 コトの世界を語る:動詞の文法(3)
Chapter10 動詞の共演者と構文タイプ(1)
  • 対象・状態を語る(主語+動詞+〔名詞、形容詞、副詞、前置詞句、φ〕)
  • 2つの対象を語る(主語+動詞+名詞+名詞)
  • 対象の状態変化と状態維持を語る(主語+動詞+名詞+〔形容詞、副詞、前置詞句〕)
Chapter11 動詞の共演者と構文タイプ(2)
  • 動作を語る(主語+動詞+〔不定詞、動名詞〕)
  • 対象の動作を語る(主語+動詞+名詞+〔不定詞、原形不定詞、現在分詞、過去分詞〕)
  • まとまった内容を語る(主語+動詞+〔that節、名詞+that節、wh節、名詞+wh節〕)
Chapter12 形容詞を中心とした構文
  • 何かすることに対する話し手の判断・評価(It is+形容詞+to do、主語+BE+to do)
  • 感情形容詞と前置詞の選択
  • 節の内容に対する話し手の判断・評価(that節を従える心的態度の形容詞、wh節を従える形容詞)
Chapter13 動詞の文法の総括
  • テンス・アスペクトと時間の関係
  • テンス・アスペクトの公式化
  • 受動態とテンス・アスペクト
第4月 モノの世界を語る:名詞の文法
Chapter14 名詞の形とそれが指すもの
  • 名詞の形が違えば対象も違う:5つの名詞形(φ+名詞、a/an+名詞、名詞+ -s、the+名詞、the+名詞+ -s)
  • 対象のとらえ方を示す:aの働き、ゼロ冠詞、複数形
  • 情報共有のしるし:theの働き
Chapter15 修飾語とその配列順
  • 数や量を表す
  • 形容詞の順序
  • 形容詞のいろいろ(現在分詞+名詞、過去分詞+名詞、動名詞+名詞、ハイフン付きの形容詞)
Chapter16 後から言い足していく語り方:後置修飾
  • 句を言い足していく語り方
  • 動詞的要素を言い足す(現在分詞の後置修飾、過去分詞の後置修飾、不定詞の形容詞的用法)
  • 何でも言える関係詞節(関係代名詞)
Chapter17 代名詞と指示詞、そして名詞節
  • 代名詞って何の代わり?:itとone
  • 距離感と指示詞:thisとthat
  • 「…ということ」と「…かということ」(that節、wh節、関係代名詞what)
第5月 状況を語る:副詞の文法
Chapter18 副詞的表現の働き・位置
  • 他の語句の修飾機能
  • 状況に関する情報表示機能
  • 副詞的表現の位置
Chapter19 さまざまな副詞的表現
  • 時間、場所を表す
  • 頻度、様態、手段・道具、付帯状況を表す
  • 目的、結果を表す(in order to do、so as to do、so that、only to do)
Chapter20 仮定の状況を設定する
  • 現在を語る仮定法(仮定法過去)
  • 過去を語る仮定法(仮定法過去完了)
  • 未来を語る仮定法
Chapter21 接続と論理
  • 情報をつなぐ接続詞
  • 時にかかわる接続詞
  • 理由、条件を表す接続詞
最終月 チャンキング:構文と配列
Chapter22 比べてみると:比較構文
  • 類似、相違、同等の関係を語る
  • 優劣について語る(比較級)
  • 最上級を使って語る
Chapter23 内容を打ち消す:否定構文
  • モノの否定
  • コトの否定
  • 部分否定、条件つきの否定、二重否定
Chapter24 英文を形で見ると:文のタイプ
  • いろいろな構文:疑問文、命令文、感嘆文
  • 形式的なit構文とthere構文
  • 誰かが語ったことを伝える構文(直接話法と間接話法)
Chapter25 語句の配列とチャンキング
  • 主語からはじめる:主語の位置とその表現
  • 語順:情報の配列
  • チャンキング:チャンクを並べる

そのほかに、初回放送時は最終回の次の週に101~104回分として、総まとめの役割の「スペシャルプログラム」が放送された。

スキットのストーリー[編集]

捜査官のジャックとナンシーがあるを探して東京中を駆け回る。しかしその猫は普通の猫ではなく"cybercat"だという。

なお、この"cybercat"のグラフィックは「キーワードで英会話」のTANGOのグラフィックを使っている(但し声はダリオ戸田ではなく機械編成された声である)。

出演者[編集]