新撰菟玖波集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新撰菟玖波集』(しんせんつくばしゅう)は、室町時代後期の准勅撰連歌撰集。20巻。句数は約2000句。

大内政弘の発願により、宗祇を中心として、猪苗代兼載宗長肖柏らの協力により撰集され、1495年(明応4年)に成立した。心敬宗砌後土御門天皇専順大内政弘など約250人の句を集めた有心連歌の集大成である。

関連項目[編集]