新日鐵住金東海REX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新日鐵住金東海REX
チーム名(通称) 東海REX、REX、新日鐵住金東海レックス
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 広域複合企業チーム
創部 1965年
チーム名の遍歴
  • 富士製鐵名古屋 (1965 - 1969)
  • 新日本製鐵名古屋 (1970 - 2002)
  • 硬式野球クラブ 東海REX (2003 - 2012)
  • 新日鐵住金東海REX (2012 - )
本拠地自治体
練習グラウンド 新日鐵住金名古屋野球場
チームカラー 青色
監督 中村淳
都市対抗野球大会
出場回数 13回
最近の出場 2017年
最高成績 準優勝(1回)
社会人野球日本選手権大会
出場回数 11回
最近の出場 2016年
最高成績 優勝(1回)
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

新日鐵住金東海REX(しんにってつすみきんとうかいレックス)は、愛知県東海市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球広域複合企業チームである。

チーム名の「東海REX」には、「ラテン語の王様、また恐竜のティラノサウルスをT-REXと略していることなどから、東海地方を代表する社会人野球のトップ(王様)を目指す」という意味合いが込められている。

概要[編集]

1965年富士製鐵名古屋製鐵所で『富士製鐵名古屋硬式野球部』として創部。

1970年、母体である富士製鐵と八幡製鐵が合併し新日本製鐵が発足し、これに伴いチーム名を『新日本製鐵名古屋硬式野球部』に改称した。

1974年都市対抗野球に初出場。1976年には初出場した日本選手権で初優勝を果たした。

その後、鉄鋼不況の影響から新日本製鐵本社がスポーツ支援体制の見直しを進める中で、同チームは2003年から本社が企業チームとして直接運営する形から、複数の地元企業や団体などと共に地域に密着したクラブ型の運営方針に変更することとなり、広域複合企業チームの『硬式野球クラブ 東海REX』として再出発した[1]

2012年10月、新日本製鐵と住友金属工業が合併し新日鐵住金が発足し、新たに冠スポンサーとなり、広域複合企業チームのままチーム名を『新日鐵住金東海REX』に改称した[2][3]

2014年都市対抗野球で東海地区第2代表の座を獲得し、1998年以来16年ぶりに本戦出場を果たした。

沿革[編集]

  • 1965年 - 『富士製鐵名古屋』として創部。
  • 1970年 - 母体の合併に伴い、チーム名を『新日本製鐵名古屋』に改称。
  • 1974年 - 都市対抗野球に初出場。
  • 1976年 - 日本選手権で初出場・初優勝。
  • 1983年 - 都市対抗野球で準優勝。
  • 2003年 - 広域複合企業チームとなり、チーム名を『硬式野球クラブ 東海REX』に改称。
  • 2012年 - チーム名を『新日鐵住金東海REX』に改称。

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

かつて在籍していた選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新日本製鐵君津もかずさマジックと改め、同様に広域複合企業チームとなった
  2. ^ チーム情報 2012年 登録・変更情報”. 日本野球連盟. 2017年1月3日閲覧。
  3. ^ かずさマジックも新日鐵住金かずさマジックに、新日鐵大分ベースボールクラブも新日鐵住金大分クラブに改称した。

関連項目[編集]