日本製鉄混声合唱団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本製鉄混声合唱団(にっぽんせいてつこんせいがっしょうだん)は、大阪府を本拠地とする職場合唱団である。

沿革[編集]

1947年(昭和22年)に大阪製鋼所混声合唱サークル、尼崎鋼管製造所混声合唱サークルとして、主に大阪本社・在阪の工場勤務の約60名で発足。翌年、統合して「扶桑金属混声合唱団」として、全日本合唱連盟に登録。1950年(昭和25年)に、「新扶桑金属混声合唱団」に改称、翌年から全社的な組織としての『合唱団』として会社の全面的な支援を受ける。1952年(昭和27年)に「住友金属混声合唱団」と改称。2012年(平成24年)に「新日鐵住金混声合唱団」へ改称。1977年(昭和52年)から1982年(昭和57年)まで、のちに住友金属社長となる新宮康男(当時、専務取締役)が団長を務めていた。1985年(昭和60年)と2007年(平成19年)に長井賞受賞。2019年(平成31年)に「日本製鉄混声合唱団」へ改称。

全日本合唱コンクールに第1回から出場しているほか、ほぼ4年に1度のペースでリサイタルを開催。また鹿島、和歌山、小倉、釜石の各事業所所在地等でも演奏会を開催してきた。指導者は1949年(昭和24年)に大阪音楽大学教授・木村四郎を招聘し、1955年(昭和30年)には清水脩が顧問として就任。現在の指導体制は1974年(昭和49年)に迎えた日下部吉彦浅井敬壹、鈴木捺香子の3名である。

受賞歴[編集]

2016年まで、全日本合唱コンクール全国大会には通算46回出場。1987年から2013年まで27年連続を含む、通算32回金賞受賞。指揮者は1973年までは団内指揮者を立て、1974年から1999年までは浅井が、2000年以降は鈴木が務めている。2017年、2018年は全国大会出場を逸している。

受賞年 大会名 部門
1948年(昭和23年) 第1回全日本合唱コンクール 職場部門 2位
1950年(昭和25年) 第3回全日本合唱コンクール 職場部門 2位
1953年(昭和28年) 第6回全日本合唱コンクール 職場部門 5位
1955年(昭和30年) 第8回全日本合唱コンクール 職場部門 3位
1956年(昭和31年) 第9回全日本合唱コンクール 職場部門 3位
1957年(昭和32年) 第10回全日本合唱コンクール 職場部門 優勝
1965年(昭和40年) 第18回全日本合唱コンクール 職場部門 5位
1975年(昭和50年) 第28回全日本合唱コンクール 職場部門 銀賞(3位)
1976年(昭和51年) 第29回全日本合唱コンクール 職場部門 銀賞(2位)
1978年(昭和53年) 第31回全日本合唱コンクール 職場部門 銀賞(3位)
1979年(昭和54年) 第32回全日本合唱コンクール 職場部門 銀賞(2位)
1980年(昭和55年) 第33回全日本合唱コンクール 職場部門 銀賞(2位)
1981年(昭和56年) 第34回全日本合唱コンクール 職場部門 銀賞(2位)
1982年(昭和57年) 第35回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞(2位)・カワイ賞
1983年(昭和58年) 第36回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞(2位)
1984年(昭和59年) 第37回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞(2位)
1985年(昭和60年) 第38回全日本合唱コンクール 職場部門 銀賞(2位)
1987年(昭和62年) 第40回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞(2位)
1988年(昭和63年) 第41回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞(1位)
1989年(平成元年) 第42回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞(1位)・労働大臣賞・日本放送協会賞
1990年(平成2年) 第43回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・労働大臣賞・日本放送協会賞
1991年(平成3年) 第44回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・労働大臣賞・岡山市長賞
1992年(平成4年) 第45回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・労働大臣賞・日本放送協会賞
1993年(平成5年) 第46回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・コンクール大賞・労働大臣賞・大阪府知事賞・大阪府教育委員会賞
審査員全員が1位に推す満票での受賞。
1994年(平成6年) 第47回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・労働大臣賞・日本放送協会賞
1995年(平成7年) 第48回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・労働大臣賞・日本放送協会賞
1996年(平成8年) 第49回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・労働大臣賞
1997年(平成9年) 第50回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・文部大臣奨励賞・墨田区区長賞
1998年(平成10年) 第51回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・労働大臣賞・日本放送協会賞
1999年(平成11年) 第52回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・労働大臣賞
2000年(平成12年) 第53回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・労働大臣賞
2001年(平成13年) 第54回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・厚生労働大臣賞
2002年(平成14年) 第55回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・厚生労働大臣賞
2003年(平成15年) 第56回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・厚生労働大臣賞
2004年(平成16年) 第57回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・厚生労働大臣賞
2005年(平成17年) 第58回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・新潟市市長賞
2006年(平成18年) 第59回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・厚生労働大臣賞
2007年(平成19年) 第60回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・台東区区長賞賞
2008年(平成20年) 第61回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・厚生労働大臣賞
2009年(平成21年) 第62回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・厚生労働大臣賞
2010年(平成22年) 第63回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・西宮市市長賞
2011年(平成23年) 第64回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・青森市市長賞・カワイ奨励賞
2012年(平成24年) 第65回全日本合唱コンクール 職場部門 金賞・厚生労働大臣賞
2013年(平成25年) 第66回全日本合唱コンクール 大学・職場・一般部門 混声合唱の部 金賞・日本放送協会賞
2015年(平成27年) 第68回全日本合唱コンクール 大学・職場・一般部門 混声合唱の部 銅賞
2016年(平成28年) 第69回全日本合唱コンクール 大学・職場・一般部門 混声合唱の部 金賞