新旭町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
しんあさひちょう
新旭町
新旭町旗 新旭町章
新旭町旗 新旭町章
1958年11月4日制定
廃止日 2005年1月1日
廃止理由 新設合併
新旭町安曇川町今津町マキノ町高島町朽木村高島市
現在の自治体 高島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 滋賀県
高島郡
市町村コード 25526-2
面積 32.84km2
総人口 11,340
推計人口、2004年12月1日)
隣接自治体 滋賀県今津町安曇川町
町の木 ソメイヨシノ
町の花 サツキ
町の鳥 ホオジロ
新旭町役場
所在地 520-1592
滋賀県高島郡新旭町北畑565
新旭町役場(現高島市役所)
座標 座標: 緯度が指定されていません
座標: 座標: 緯度が指定されていません
{{#coordinates:}} 関数に無効な引数が渡されました
Map.Shinasahi-Town.Shiga.PNG
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

新旭町(しんあさひちょう)は、滋賀県西部に存在した高島郡

現在は合併により高島市となっており、町名は高島市新旭町○○として残っている。

歴史[編集]

近江源氏である佐々木信綱の子佐々木高信が、父から高島郡の所領を分与され高島高信を名乗った。高信は安曇川北部に広がる饗庭野丘陵の末端に清水山城を築き、高島郡の要とした。のちに高島氏は数流に分かれたが、清水山城の高島氏を惣領として仰ぎ、信長の高島郡進攻があった戦国時代末期まで栄えた。安土桃山時代は郡の中心が郡最南部の大溝城になり、織田一族等が城主をつとめた。

沿革[編集]

行政[編集]

行政機関[編集]

現在町役場は高島市役所となっている。

歴代町長[編集]

歴代 氏名 就任年月日 備考
初代 饗庭昌威 昭和30年2月10日 饗庭村長から転身
2代 清水吉一 昭和38年2月8日
3代 桒原隆次 昭和46年2月8日
4代 岡田巌 昭和54年2月8日
5代 馬場佐武郎 平成3年2月8日
6代 海東英和 平成11年2月8日

概要[編集]

教育[編集]

現在はすべて高島市立となっている。

  • 小学校
    • 新旭町立新旭北小学校
    • 新旭町立新旭南小学校
  • 中学校
    • 新旭町立湖西中学校
  • 養護学校
    • 滋賀県立新旭養護学校

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

出身有名人[編集]

  • 浅見絅斎 - 江戸時代の思想家
  • 藤本太郎兵衛 - 江戸時代の事業家、親子三代をかけて琵琶湖の治水工事を行う、新旭町深溝出身
  • 木村理助 - 江戸末期の商人。盛岡井筒屋支配人。古河市兵衛の伯父。新旭町五十川出身
  • 清水安三 - 桜美林大学創設者
  • 宮前鳳州 - 宗教家。元駒澤大学理事長。新旭町饗庭出身
  • 饗庭孝男 - 同町で先祖代々が過ごした歴史を、随筆『故郷の廃家』に著した
  • 中村美重 - 教育者。第18回東レ理科教育賞受賞。新旭町饗庭出身
  • 丸谷明夫 - 教育者、吹奏楽指揮者、新旭町出身
  • 永田和宏 - 歌人、細胞生物学者、新旭町出身
  • 高井研 - 微生物地球学者
  • 瀧中瞭太 - 野球選手投手
  • 吉本ひかる - 女子プロゴルファー

関連項目[編集]