新春オールスター麻雀大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新春オールスター麻雀大会(しんしゅんオールスターまーじゃんたいかい)は、AbemaTVの「AbemaTV 麻雀チャンネル」において24時間生放送で行われた新春麻雀大会。

新春オールスター麻雀大会2019[編集]

2019年1月2日(水)19時00分から2019年1月3日(木)19時00分に放送[1]

著名人16名が8チームに分かれ、Mリーガーを加えた3人1チームで戦う。3つのルールでA卓とB卓で予選15試合を行い、成績上位4チームが決勝4試合を行い優勝を決める。

A卓を中心に放送され、A卓の試合が早く終わった場合B卓を放送する。

総合司会は林美沙希テレビ朝日アナウンサー)。

実況は小林未沙松嶋桃日向藍子

解説は村上淳白鳥翔勝又健志

優勝はじゃい×百合沙チーム(じゃい百合沙佐々木寿人[2]

ルール[編集]

Mリーグルール[3](予選第1試合から予選第5試合)

  • 東南戦一発・裏ドラ・赤牌入り。
  • 2卓で5試合、各チーム計5試合を戦う。
  • 開始50分の局で打ち切り。
  • 誰がどこで打つかは各チームで決定。

割れ目ルール(予選第6試合から予選第10試合)

  • 自山にドラが捲れた人が得失点2倍となる。

赤6ルール(予選第11試合から予選第15試合)

  • 赤牌6枚となる。
  • 最終戦は3・4・5・6位 卓。1・2・7・8位 卓で行う。

※予選でトップをとったチームは決勝で戦うルールを選ぶことができる。

チームランキング[編集]

  • 決勝のトータルポイントは予選のトータルポイントをリセットし0点からスタートする。
予選[4]
順位 チーム 選手名 助っ人Mリーガー トータルポイント ポイント差
1 徳井×水崎チーム 徳井健太 水崎綾女 滝沢和典 343.2
2 じゃい×百合沙チーム じゃい 百合沙 佐々木寿人 299.8 43.4
3 大村×たしろチーム 大村朋宏 たしろさやか 瀬戸熊直樹 213.3 86.5
4 椿×山本チーム 椿彩奈 山本圭壱 多井隆晴 -60.4 273.7
5 岡田×滝口チーム 岡田紗佳 滝口幸広 小林剛 -73.9 13.5
6 本郷×小田チーム 本郷奏多 小田あさ美 魚谷侑未 -159.2 85.3
7 藤田×松本チーム 藤田晋 松本圭世 鈴木たろう -261.6 102.4
8 萩原×波岡チーム 萩原聖人 波岡一喜 高宮まり -301.2 39.6
決勝
順位 チーム 選手名 助っ人Mリーガー トータルポイント ポイント差
1 じゃい×百合沙チーム じゃい 百合沙 佐々木寿人 97.8
2 椿×山本チーム 椿彩奈 山本圭壱 多井隆晴 16.2 81.6
3 大村×たしろチーム 大村朋宏 たしろさやか 瀬戸熊直樹 -30.8 47.0
4 徳井×水崎チーム 徳井健太 水崎綾女 滝沢和典 -103.2 72.4

個人ランキング[編集]

  • 「決勝を終えての個人成績」のトータルポイントは、決勝進出チームの選手は予選のトータルポイントに加算され、予選敗退チームの選手は予選のトータルポイントがスライドされる。
予選を終えての個人成績
順位 選手名 トータルポイント ポイント差
1 佐々木寿人 183.9
2 大村朋宏 183.1 0.8
3 滝沢和典 138.8 44.3
4 徳井健太 130.0 8.8
5 じゃい 97.5 32.5
6 多井隆晴 91.4 6.1
7 水崎綾女 74.4 17.0
8 滝口幸広 38.3 36.1
9 たしろさやか 26.7 11.6
10 本郷奏多 26.6 0.1
11 百合沙 18.4 8.2
12 瀬戸熊直樹 3.5 14.9
13 萩原聖人 -27.9 31.4
14 小林剛 -32.7 4.8
15 椿彩奈 -35.1 2.4
16 藤田晋 -38.7 3.6
17 小田あさ美 -43.9 5.2
18 鈴木たろう -62.1 18.2
19 岡田紗佳 -79.5 17.4
20 波岡一喜 -114.6 35.1
21 山本圭壱 -116.7 2.1
22 魚谷侑未 -141.9 25.2
23 高宮まり -158.7 16.8
24 松本圭世 -160.8 2.1
決勝を終えての個人成績
順位 選手名 トータルポイント ポイント差
1 佐々木寿人 330.5
2 大村朋宏 144.3 186.2
3 徳井健太 102.5 41.8
4 多井隆晴 93.2 9.3
5 瀬戸熊直樹 81.7 11.5
6 水崎綾女 75.9 5.8
7 じゃい 70.9 5.0
8 滝沢和典 61.6 9.3
9 滝口幸広 38.3 23.3
10 本郷奏多 26.6 11.7
11 百合沙 -3.8 30.4
12 椿彩奈 -9.5 5.7
13 萩原聖人 -27.9 18.4
14 小林剛 -32.7 4.8
15 藤田晋 -38.7 6.0
16 たしろさやか -43.5 4.8
17 小田あさ美 -43.9 0.4
18 鈴木たろう -62.1 18.2
19 岡田紗佳 -79.5 17.4
20 波岡一喜 -114.6 35.1
21 山本圭壱 -127.9 13.3
22 魚谷侑未 -141.9 14.0
23 高宮まり -158.7 16.8
24 松本圭世 -160.8 2.1

予選と決勝の試合結果[編集]

  • 実況と解説はA卓を中心に行い、試合が早く終わった場合B卓の実況と解説をする。
予選
試合 1位 2位 3位 4位 実況 解説
Mリーグルール
第1試合A卓 本郷奏多(75.2) 滝口幸広(5.5) 萩原聖人(-18.8) 松本圭世(-61.9) 小林未沙 村上淳
第1試合B卓 大村朋宏(56.2) じゃい(9.7) 椿彩奈(-17.3) 水崎綾女(-48.6) -
第2試合A卓 たしろさやか(54.7) 徳井健太(10.9) 百合沙(-17.3) 椿彩奈(-48.3) 小林未沙 白鳥翔
第2試合B卓 鈴木たろう(64.1) 滝口幸広(11.9) 小田あさ美(-19.9) 高宮まり(-56.3) -
第3試合A卓 大村朋宏(62.8) 波岡一喜(9.9) 山本圭壱(-24.2) 藤田晋(-48.5) 松嶋桃 村上淳
第3試合B卓 岡田紗佳(81.0) 佐々木寿人(5.7) 滝沢和典(-25.9) 魚谷侑未(-60.8) -
第4試合A卓 多井隆晴(67.2) 瀬戸熊直樹(8.4) 魚谷侑未(-25.0) 岡田紗佳(-50.6) 松嶋桃 白鳥翔
第4試合B卓 百合沙(58.6) 徳井健太(8.1) 松本圭世(-19.8) 高宮まり(-46.9) -
第5試合A卓 山本圭壱(64.6) 佐々木寿人(14.4) 松本圭世(-22.2) 小田あさ美(-56.8) 小林未沙 村上淳
第5試合B卓 滝沢和典(63.6) たしろさやか(16.2) 小林剛(-27.1) 波岡一喜(-52.7) -
割れ目ルール
第6試合A卓 高宮まり(90.6) 水崎綾女(2.3) 小林剛(-24.4) 大村朋宏(-68.5) 小林未沙 勝又健志
第6試合B卓 じゃい(54.1) 椿彩奈(13.1) 本郷奏多(-10.0) 藤田晋(-57.2) -
第7試合A卓 滝沢和典(56.0) 鈴木たろう(8.2) 本郷奏多(-19.5) たしろさやか(-44.7) 松嶋桃 勝又健志
第7試合B卓 滝口幸広(58.0) 波岡一喜(15.5) 百合沙(-22.9) 山本圭壱(-50.6) -
第8試合A卓 佐々木寿人(61.4) 萩原聖人(12.7) 滝口幸広(-15.9) 山本圭壱(-58.2) 松嶋桃 勝又健志
第8試合B卓 瀬戸熊直樹(98.5) 水崎綾女(-1.2) 小田あさ美(-34.4) 鈴木たろう(-62.9) -
第9試合A卓 徳井健太(70.3) じゃい(8.4) 小田あさ美(-22.6) 岡田紗佳(-56.1) 松嶋桃 白鳥翔
第9試合B卓 多井隆(93.9) 松本圭世(0.7) 波岡一喜(-31.7) たしろさやか(-62.9) -
第10試合A卓 水崎綾女(67.0) 小林剛(4.8) 多井隆晴(-21.1) 鈴木たろう(-50.7) 松嶋桃 白鳥翔
第10試合B卓 大村朋宏(72.8) 佐々木寿人(9.8) 萩原聖人(-25.2) 魚谷侑未(-57.4) -
赤6ルール
第11試合A卓 水崎綾女(54.9) 椿彩奈(11.3) 魚谷侑未(-10.6) 波岡一喜(-55.6) 日向藍子 村上淳
第11試合B卓 佐々木寿人(75.5) 岡田紗佳(6.3) 瀬戸熊直樹(-24.2) 松本圭世(-57.6) -
第12試合A卓 たしろさやか(63.4) 藤田晋(12.3) じゃい(-15.6) 岡田紗佳(-60.1) 日向藍子 白鳥翔
第12試合B卓 小田あさ美(89.6) 多井隆晴(9.8) 徳井健太(-16.7) 高宮まり(-82.7) -
第13試合A卓 萩原聖人(68.5) じゃい(27.7) 本郷奏多(-28.8) 瀬戸熊直樹(-67.4) 日向藍子 村上淳
第13試合B卓 徳井健太(57.4) 椿彩奈(6.1) 藤田晋(-19.2) 小林剛(-44.3) -
第14試合A卓 滝沢和典(67.1) 佐々木寿人(17.1) 鈴木たろう(-20.8) 高宮まり(-63.4) 小林未沙 白鳥翔
第14試合B卓 大村朋宏(59.8) 本郷奏多(9.7) 滝口幸広(-21.2) 山本圭壱(-48.3) -
第15試合A卓 小林剛(58.3) 魚谷侑未(11.9) 瀬戸熊直樹(-11.8) 多井隆晴(-58.4) 日向藍子 勝又健志
第15試合B卓 藤田晋(73.9) じゃい(13.2) 滝沢和典(-22.0) 萩原聖人(-65.1) -
決勝
試合 1位 2位 3位 4位 実況 解説
割れ目ルール
第1試合 水崎綾女(58.7) 多井隆晴(17.7) 百合沙(-22.2) 大村朋宏(-54.2) 日向藍子 村上淳
赤6ルール
第2試合 佐々木寿人(88.9) 山本圭壱(8.8) 徳井健太(-27.5) たしろさやか(-70.2) 日向藍子 勝又健志
第3試合 瀬戸熊直樹(78.2) 椿彩奈(25.6) じゃい(-26.6) 滝沢和典(-77.2) 小林未沙 村上淳
割れ目ルール
第4試合 佐々木寿人(57.7) 大村朋宏(15.4) 多井隆晴(-15.9) 水崎綾女[5][6](-57.2) 小林未沙 勝又健志

役満[編集]

日付・回 東家 南家 西家 北家
2019年1月3日(木)決勝 第3戦[2] 南4局 国士無双 椿彩奈 じゃい 瀬戸熊直樹 滝沢和典
一萬九萬一筒一筒九筒一索九索東南西北白中 和了牌 發

 自摸和了者   出和了者   放銃者 

新春オールスター麻雀大会2020[編集]

2020年1月2日(木)19時00分から2020年1月3日(金)19時00分に放送[7]

2020年1月3日(金)0時40分から3時55分にテレビ朝日系列(一部地域を除く)「アベマの時間」でも放送された[8]

著名人24名が8チームにわかれてのチーム戦。3つのルールでA卓とB卓で予選15試合を行い、成績上位4チームが決勝4試合を行い優勝を決める。

A卓を中心に放送され、A卓の試合が早く終わった場合B卓を放送する。

実況は小林未沙、松嶋桃、日吉辰哉。

解説は多井隆晴、白鳥翔、松本吉弘、村上淳、滝沢和典、じゃい(インスタントジョンソン)。

優勝はBチーム(水崎綾女、山本圭壱、早乙女じょうじ[9]

ルール[編集]

Mリーグルール[10](予選第1試合から予選第7試合)

  • 東南戦一発・裏ドラ・赤牌入りのMリーグルール。
  • 2卓で各チーム7試合を戦う。

Mリーグルール赤6(予選第8試合から予選第13試合)

  • 赤牌(5マン・5ピン・5ソー)を足して、計6枚となる。
  • 各チーム6試合。

Mリーグルールポイント倍(予選第14試合から予選第15試合)

  • 通常のMリーグルールで戦い、最終スコアを倍にする。
  • 各チーム2試合。
  • 最終戦は3・4・5・6位 卓。1・2・7・8位 卓で行う。

※予選でトップをとったチームは決勝で戦うルールを選ぶことができる。

チームランキング[編集]

  • 決勝のトータルポイントは予選のトータルポイントをリセットし0点からスタートする。
予選
順位 チーム 選手名 トータルポイント ポイント差
1 Bチーム 水崎綾女 山本圭壱 早乙女じょうじ 193.0
2 Gチーム 山本ひかる 大村朋宏 椿彩奈 102.5 90.5
3 Hチーム 藤田晋 小田あさ美 藤田恵名 74.5 28.0
4 Fチーム 徳井健太 金子昇 たしろさやか 63.5 11.0
5 Cチーム 鈴木大介 内山信二 香川愛生 49.3 14.2
6 Dチーム 岡田紗佳 波岡一喜 長澤茉里奈 -66.8 116.1
7 Aチーム 萩原聖人 日野麻衣 百合沙 -180.7 113.9
8 Eチーム 本郷奏多 松本圭世 阿部亮平 -235.3 54.6
決勝
順位 チーム 選手名 トータルポイント ポイント差
1 Bチーム 水崎綾女 山本圭壱 早乙女じょうじ 109.0
2 Fチーム 徳井健太 金子昇 たしろさやか 91.2 17.8
3 Hチーム 藤田晋 小田あさ美 藤田恵名 8.8 82.4
4 Gチーム 山本ひかる 大村朋宏 椿彩奈 -209.0 217.8

個人ランキング[編集]

  • 「決勝を終えての個人成績」のトータルポイントは、決勝進出チームの選手は予選のトータルポイントに加算され、予選敗退チームの選手は予選のトータルポイントがスライドされる。
予選を終えての個人成績
順位 選手名 トータルポイント ポイント差
1 鈴木大介[11] 232.9
2 大村朋宏 172.3 60.6
3 徳井健太 133.4 38.9
4 藤田恵名 72.6 60.8
5 山本圭壱 71.3 1.3
5 岡田紗佳 71.3 0.0
7 早乙女じょうじ 70.9 0.4
8 金子昇 59.7 11.2
9 水崎綾女 50.8 8.9
10 阿部亮平 46.6 4.2
11 藤田晋 43.3 3.3
12 椿彩奈 43.2 0.1
13 百合沙 -11.3 54.5
14 日野麻衣 -11.4 0.1
15 小田あさ美 -41.4 30.0
16 香川愛生 -43.3 1.9
17 波岡一喜 -65.3 22.0
18 松本圭世 -66.6 1.3
19 長澤茉里奈 -72.8 6.2
20 山本ひかる -113.0 40.2
21 たしろさやか -129.6 16.6
22 内山信二 -140.3 10.7
23 萩原聖人 -158.0 17.7
24 本郷奏多 -215.3 57.3
決勝を終えての個人成績
順位 選手名 トータルポイント ポイント差
1 徳井健太 316.3
2 鈴木大介 232.9 83.4
3 水崎綾女 142.4 90.5
4 早乙女じょうじ 131.7 10.7
5 藤田恵名 78.0 53.7
6 岡田紗佳 71.3 6.7
7 阿部亮平 46.6 24.7
8 藤田晋 37.6 9.0
9 山本圭壱 27.9 9.7
10 椿彩奈 20.9 7.0
11 金子昇 12.1 8.8
12 大村朋宏 4.5 7.6
13 百合沙 -11.3 15.8
14 日野麻衣 -11.4 0.1
15 小田あさ美 -32.3 20.9
16 香川愛生 -43.3 11.0
17 波岡一喜 -65.3 22.0
18 松本圭世 -66.6 1.3
19 長澤茉里奈 -72.8 6.2
20 山本ひかる -131.9 59.1
21 内山信二 -140.3 8.4
22 萩原聖人 -158.0 17.7
23 たしろさやか -173.7 15.7
24 本郷奏多 -215.3 41.6

予選と決勝の試合結果[編集]

  • 実況と解説はA卓を中心に行い、試合が早く終わった場合B卓の実況と解説をする。
予選
試合 1位 2位 3位 4位 実況 解説
Mリーグルール
第1試合A卓[12] 岡田紗佳(56.9) 萩原聖人(6.0) 大村朋宏(-16.2) 松本圭世(-46.7) 小林未沙 多井隆晴
第1試合B卓[12] 徳井健太(71.8) 藤田恵名(3.4) 香川愛生(-18.0) 水崎綾女(-57.2) -
第2試合A卓 鈴木大介(61.1) たしろさやか(7.4) 藤田晋(-21.1) 早乙女じょうじ(-47.4) 松嶋桃 多井隆晴
第2試合B卓 百合沙(73.3) 山本ひかる(20.4) 本郷奏多(-24.8) 波岡一喜(-68.9) -
第3試合A卓 日野麻衣(78.3) 小田あさ美(12.9) 椿彩奈(-27.7) 内山信二(-63.5) 小林未沙 白鳥翔
第3試合B卓 山本圭壱(79.8) 阿部亮平(8.5) 長澤茉里奈(-32.3) 金子昇(-56.0) -
第4試合A卓[13] 長澤茉里奈(52.3) 香川愛生(11.8) 藤田恵名(-10.4) 阿部亮平(-46.7) 松嶋桃 白鳥翔
第4試合B卓 大村朋宏(72.9) 早乙女じょうじ(9.5) 徳井健太(-19.7) 日野麻衣(-62.7) -
第5試合A卓[14] 徳井健太(88.4) 水崎綾女(7.2) 岡田紗佳(-23.0) 本郷奏多(-72.6) 松嶋桃 多井隆晴
第5試合B卓 鈴木大介(52.1) 萩原聖人(5.2) 小田あさ美(-17.3) 山本ひかる(-40.0) -
第6試合A卓 百合沙(51.8) 波岡一喜(10.1) 山本圭壱(-14.2) 香川愛生(-47.7) 小林未沙 白鳥翔
第6試合B卓 小田あさ美(70.4) 松本圭世(18.3) たしろさやか(-25.2) 椿彩奈(-63.5) -
第7試合A卓 金子昇(51.4) 藤田恵名(5.9) 山本ひかる(-15.5) 萩原聖人(-41.8) 日吉辰哉 多井隆晴
第7試合B卓 岡田紗佳(51.0) 内山信二(5.5) 水崎綾女(-14.9) 本郷奏多(-41.6) -
Mリーグルール赤6
第8試合A卓 金子昇(62.8) 大村朋宏(9.4) 松本圭世(-18.6) 小田あさ美(-53.6) 日吉辰哉 白鳥翔
第8試合B卓 波岡一喜(68.8) 早乙女じょうじ(17.6) 内山信二(-21.1) 百合沙(-65.3) -
第9試合A卓 松本圭世(78.4) 山本圭壱(14.9) 内山信二(-35.4) 波岡一喜(-57.9) 日吉辰哉 松本吉弘
第9試合B卓 藤田恵名(73.7) 日野麻衣(20.8) 大村朋宏(-25.6) たしろさやか(-68.9) -
第10試合A卓 水崎綾女(67.8) 日野麻衣(16.4) 徳井健太(-28.5) 椿彩奈(-55.7) 日吉辰哉 松本吉弘
第10試合B卓 藤田晋(65.5) 阿部亮平(10.9) 波岡一喜(-17.4) 香川愛生(-59.0) -
第11試合A卓 香川愛生(69.6) 阿部亮平(7.1) 山本ひかる(-22.6) たしろさやか(-54.1) 日吉辰哉 村上淳
第11試合B卓 山本圭壱(107.4) 百合沙(10.7) 長澤茉里奈(-43.0) 藤田晋(-75.1) -
第12試合A卓 早乙女じょうじ(91.2) 藤田晋(-7.6) 長澤茉里奈(-28.3) 山本ひかる(-55.3) 小林未沙 村上淳
第12試合B卓 阿部亮平(73.8) 鈴木大介(5.3) 金子昇(-14.9) 日野麻衣(-64.2) -
第13試合A卓 鈴木大介(76.6) 百合沙(5.4) 本郷奏多(-23.9) 水崎綾女(-58.1) 小林未沙 村上淳
第13試合B卓 椿彩奈(58.9) 金子昇(16.4) 長澤茉里奈(-21.5) 小田あさ美(-53.8) -
Mリーグルールポイント倍
第14試合A卓 藤田晋(106.2) たしろさやか(11.2) 岡田紗佳(-30.2) 百合沙(-87.2) 小林未沙 滝沢和典
第14試合B卓 椿彩奈(131.2) 鈴木大介(37.8) 本郷奏多(-52.4) 山本圭壱(-116.6) -
第15試合A卓 大村朋宏(131.8) 徳井健太(21.4) 内山信二(-25.8) 萩原聖人(-127.4) 松嶋桃 滝沢和典
第15試合B卓 水崎綾女(106.0) 岡田紗佳(16.6) 藤田晋(-24.6) 松本圭世(-98.0) -
決勝
試合 1位 2位 3位 4位 実況 解説
Mリーグルール
第1試合[15] 水崎綾女(57.6) 藤田恵名(5.4) 山本ひかる(-18.9) たしろさやか(-44.1) 松嶋桃 滝沢和典、じゃい
第2試合[16] 早乙女じょうじ(60.8) 小田あさ美(9.1) 椿彩奈(-22.3) 金子昇(-47.6) 日吉辰哉
第3試合[17] 藤田晋(59.7) 徳井健太(2.9) 大村朋宏(-19.2) 山本圭壱(-43.4) 松嶋桃 多井隆晴、じゃい
Mリーグルールポイント倍
第4試合[18] 徳井健太(179.8) 水崎綾女(34.0) 藤田晋(-65.4) 大村朋宏(-148.4) 日吉辰哉 多井隆晴、じゃい

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “新年はAbemaTVで麻雀24時間ぶっ通し!Mリーガー・著名人ら総勢24人の「新春オールスター麻雀大会2019」開催決定”. AbemaTIMES. (2018年12月17日). https://times.abema.tv/mahjong/posts/5427260 2020年1月9日閲覧。 
  2. ^ a b “24時間の大激戦が終了 新年初役満、大逆転テンパイに笑顔…涙…/新春オールスター麻雀大会2019”. AbemaTIMES. (2019年1月3日). https://times.abema.tv/mahjong/posts/5506980 2020年1月9日閲覧。 
  3. ^ “24時間の麻雀バトルが開幕! 8チーム24人が熱戦/新春オールスター麻雀大会2019”. AbemaTIMES. (2019年1月2日). https://times.abema.tv/mahjong/posts/5501079 2020年1月9日閲覧。 
  4. ^ “4チームが決勝進出 残り4戦で24時間バトルの覇者が決定 現在放送中/新春オールスター麻雀大会2019”. AbemaTIMES. (2019年1月3日). https://times.abema.tv/mahjong/posts/5505515 2020年1月9日閲覧。 
  5. ^ “映画化必至か!? 女優・水崎綾女、麻雀番組で号泣 24時間バトル最終局で大逆転の役満・四暗刻単騎テンパイ「迷惑かけちゃいけないと思って…」”. AbemaTIMES. (2019年1月3日). https://times.abema.tv/mahjong/posts/5506990 2020年1月9日閲覧。 
  6. ^ “全麻雀ファンが涙した!女優・水崎綾女、劇的な涙の役満テンパイに視聴者「女優賞だ」と絶賛 新年の誓いからわずか半日後にドラマ”. AbemaTIMES. (2019年1月5日). https://times.abema.tv/mahjong/posts/5512818 2020年1月9日閲覧。 
  7. ^ “24人の麻雀好き芸能人が24時間ぶっ通しで“打ち初め”開始/新春オールスター麻雀”. AbemaTIMES. (2020年1月2日). https://times.abema.tv/mahjong/posts/7035552 2020年1月9日閲覧。 
  8. ^ 見なきゃ越せないアベマTV!見なきゃ始まらないアベマTV! 生放送特番30本以上!最強ラインナップのアニメも150本超が登場!1分たりとも見逃せない怒涛の9日間”. 株式会社サイバーエージェント(2019年12月16日作成). 2020年1月13日閲覧。
  9. ^ “これが女優力!水崎綾女、2年越しでチーム優勝しドラマ完結 昨年は涙、今年は笑顔/新春オールスター麻雀”. AbemaTIMES. (2020年1月3日). https://times.abema.tv/mahjong/posts/7035619 2020年1月9日閲覧。 
  10. ^ AbemaTV麻雀ch(アベマTV) - Twitter 2020年1月2日
  11. ^ “麻雀最強位の将棋棋士・鈴木大介九段、新年早々も快進撃!24人中個人トップ/新春オールスター麻雀”. AbemaTIMES. (2020年1月3日). https://times.abema.tv/mahjong/posts/7035587 2020年1月9日閲覧。 
  12. ^ a b AbemaTV麻雀ch(アベマTV) - Twitter 2020年1月2日
  13. ^ AbemaTV麻雀ch(アベマTV) - Twitter 2020年1月3日
  14. ^ AbemaTV麻雀ch(アベマTV) - Twitter 2020年1月3日
  15. ^ AbemaTV麻雀ch(アベマTV) - Twitter 2020年1月3日
  16. ^ AbemaTV麻雀ch(アベマTV) - Twitter 2020年1月3日
  17. ^ AbemaTV麻雀ch(アベマTV) - Twitter 2020年1月3日
  18. ^ AbemaTV麻雀ch(アベマTV) - Twitter 2020年1月3日