新橋みどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

新橋 みどり(しんばし みどり、1917年大正6年)10月 - 1942年昭和17年)3月?)は昭和期の歌手。本名は染井 緑

経歴[編集]

京都府[1]出身。

1935年(昭和10年)タイヘイレコードから歌手デビュー。「泣かせてネ」がヒット。

1936年(昭和11年)キングレコードに移籍。翌年、林伊佐緒と吹き込んだ「若しも月給が上がったら」が大ヒット。

他にも「曠野の夕陽」(1938年(昭和13年))、「若い兵隊さん」(1938年(昭和13年))、「僕の考へ聞いとくれ」(1940年(昭和15年))共唱:林伊佐緒、等のヒット曲がある。

1942年(昭和17年)3月、病気により死去したとされる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 朝鮮京城府出身の説もある。
  2. ^ 昭和40年代半ばに死去したという説もある。