新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
新機動戦記ガンダムW
ENDLESS DUEL
ジャンル 2D対戦型格闘ゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 ナツメ
発売元 バンダイ
プロデューサー 牛村憲彦
デザイナー 谷口俊一
プログラマー 宮部寿保
小室裕達
音楽 岩月博之
大橋春男
美術 谷口俊一
鈴木邦夫
シリーズ ガンダムシリーズ
人数 1 - 2人
メディア 16メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 199603291996年3月29日
その他 型式:SHVC-AEDJ-JPN
テンプレートを表示

新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL』(しんきどうせんきガンダムウイング エンドレスデュエル)は、1996年3月29日に日本のバンダイから発売されたスーパーファミコン2D対戦型格闘ゲーム

テレビ朝日系テレビアニメ『新機動戦記ガンダムW』(1995年 - 1996年)に登場するモビルスーツ同士による1対1の格闘ゲーム。前作に当たる『機動武闘伝Gガンダム』(1994年)と異なりパイロットの乗換えなどはなく、戦闘ボイスなどは収録されていない。また奇しくも発売日は『新機動戦記ガンダムW』の最終回の放送日であった[2]

開発はナツメが行い、プロデューサーは後にPlayStation用ソフト『ガンダムバトルアサルト』(2000年)を手掛けた牛村憲彦、企画はスーパーファミコン用ソフト『ザ・ニンジャウォーリアーズアゲイン』(1994年)を手掛けた谷口俊一、音楽はスーパーファミコン用ソフト『奇々怪界-月夜草子』(1994年)を手掛けた岩月博之および大橋春男が担当している。

本作は同社が開発した初の『ガンダムシリーズ』を題材としたゲーム作品であり、後に発売された同社開発によるPlayStation用ソフト『ガンダム・ザ・バトルマスター』(1997年)と比較してガードダッシュやブーストジャンプと言った当時としては多彩な操作が盛り込まれ、格闘ゲームとしての要素は濃くなっている。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

通常の2D格闘ゲームと同様、8方向レバーと4ボタンによる操作を行う。 ボタンは通常攻撃の弱/強と、ビームサーベル等を使用した武器攻撃の弱/強となっている。 近接時に前後いずれかの方向と通常攻撃ボタンで投げ、一部MSは空中でも投げを行える。 またレバー上方向への入力で通常のジャンプ、レバー後ろ方向への入力でガードが可能。 他に種類を問わないボタン二つ同時押しと、レバー操作により特殊な操作を行うことが出来る。

ブーストジャンプ
地上でレバー左右以外の方向に入れてボタン2つ同時押しをすると、ブーストを使用したハイジャンプを行う。
空中では下方向以外の4方向にレバーを入れて2ボタン同時押しをすると、その方向にステップ・ハイジャンプする。
ハイジャンプ後の落下時に下方向にレバーを入れる事で、ゆっくりと降下するホバリングが可能。
ガードダッシュ
地上でレバー前方向に入れてボタン2つ同時押しをすると、立ちガードを行いながら前進するガードダッシュを行う。
ガードしながら間合いを詰める事が出来るが、下段攻撃や投げには無力。
ガードバックステップ
地上でレバー後方向に入れてボタン2つ同時押しをすると、ガードしながら後方にステップする。
それぞれのステップ、ジャンプは通常攻撃をキャンセルして出す事が出来る。
ジェネレーター出力ゲージ
エネルギーゲージ(体力ゲージ)の下に配置されている、最大で300まで溜まるゲージ。
攻撃、防御などの様々な動作によって蓄積していく。
このゲージを使用する事で、以下の動作を行える。
バルカン
敵MSと距離を取った際に相手にサイト表示がされ、その状態で攻撃ボタンを押すとゲージを少量消費してバルカンによる攻撃を行う。
押すボタンが弱・強のどちらかで、発射数・消費ゲージ量に差がある。唯一ガンダムエピオンにはない。
強必殺技
強攻撃ボタンを押して必殺技を放つことで、通常より強力な必殺技となる。
消費量は一律100。
メガ必殺技
各MSが持つ超必殺技。
消費量は一律200。ウイングガンダム、ウイングガンダムゼロのみ二つのメガ必殺技を持つ。

ステージ構成[編集]

コロニー内部 (ウイング/ウイングゼロ)
航空母艦 (デスサイズ)
飛行場 (ヘビーアームズ)
砂漠 (サンドロック)
長江 (シェンロン)
南極 (トールギス)
モビルドール輸送船 (メリクリウス/ヴァイエイト)
リーブラ内部 (エピオン)

登場キャラクター[編集]

ウイングガンダム
パイロット: ヒイロ・ユイ
メガ必殺技: ハイパーバスターライフル、バードモード
ガンダムデスサイズ
パイロット: デュオ・マックスウェル
メガ必殺技: デスハリケーン
ガンダムヘビーアームズ
パイロット: トロワ・バートン
メガ必殺技: フルファイヤー
ガンダムサンドロック
パイロット: カトル・ラバーバ・ウィナー
メガ必殺技: マグアナックヒュージレイド
シェンロンガンダム
パイロット: 張五飛
メガ必殺技: ドラゴンハングファイヤー
ウイングガンダムゼロ
パイロット: ヒイロ・ユイ
メガ必殺技: ハイパーツインライフル、バードモード
トールギス
パイロット: ゼクス・マーキス
メガ必殺技: モビルスーツスラッシャー
ヴァイエイト
パイロット: レディ・アン
超必殺技: メガビームブラスト
メリクリウス
パイロット: ルクレツィア・ノイン
超必殺技: プラネイトサンダー
ガンダムエピオン
パイロット: ゼクス・マーキス(仮面なし)
超必殺技: スパークウィンド
ストーリーモードのボスキャラクター。VS.MODE、TRIAL MODEにて隠しコマンドを入力することにより登場。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:尾形和正、浅沼誠
  • プロデューサー:牛村憲彦
  • 企画:谷口俊一
  • プログラマー:宮部寿保、小室裕達
  • デザイナー:谷口俊一、鈴木邦夫
  • サウンド:岩月博之、大橋春男

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通23/40点[3]
NintendoLife8/10stars[4]
ファミリーコンピュータMagazine22.9/30点[5]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)[3]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り、22.9点(満30点)となっている[5]

項目 キャラクタ 音楽 お買い得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 4.3 3.8 3.7 3.8 3.7 3.6 22.9

関連商品[編集]

新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL ファイティング・マニュアル(覇王ゲームスペシャル 51)
攻略本。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 前田尋之「Chapter 2 スーパーファミコンソフトオールカタログ 1996年」『G-MOOK176 スーパーファミコンパーフェクトカタログ』ジーウォーク、2019年9月28日、207頁。ISBN 9784862979131。
  2. ^ 一部地域により異なる
  3. ^ a b 新機動戦記ガンダムW 〜ENDLESS DUEL〜 まとめ [スーパーファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2020年10月3日閲覧。
  4. ^ Shin Kidō Senki Gundam Wing: Endless Duel for SNES (1996)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2020年10月3日閲覧。
  5. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『PlayStation Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 238頁、 ASIN B00J16900U