新法師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 青森県 > 弘前市 > 新法師
新法師
新法師の位置(青森県内)
新法師
新法師
新法師の位置
座標: 北緯40度37分10.63秒 東経140度22分14.31秒 / 北緯40.6196194度 東経140.3706417度 / 40.6196194; 140.3706417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hirosaki, Aomori.svg 弘前市
人口 (2017年(平成29年)6月1日現在)[1]
 - 計 239人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 036-1342
市外局番 0172[2]
ナンバープレート 青森

新法師(しんぼうし)は、青森県弘前市大字で、旧中津軽郡岩木町の大字。郵便番号は036-1342。

地理[編集]

  • 当地の南部をアップルロードが横断し、北は葛原、東は宮地、南は五代国吉、東は百沢に接する。
  • また、かつては「新坊寺」とも表記された。

小字[編集]

小字として泉・稔・向野がある。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年明治22年) - 岩木村の大字になる。
  • 1891年(明治24年) - 当時の記録では人口187、戸数30、厩20であった。
  • 1961年昭和36年) - 岩木町大字新法師になる。
  • 2006年平成18年) - 弘前市への合併とともに弘前市の大字になる。

地名の由来[編集]

かつて当地に置かれていた新坊寺にちなむ。そして新坊寺の名前の由来は、岩木村郷土史によれば・・

  • 治永年間に、延暦寺の僧蓮明が、師明雲の命により戦火を逃れ、恵心僧都作阿弥陀像を当地に運び草庵を結んだ際、古くからの岩木山百沢寺に対して新しい寺を新坊寺と称した。
  • 岩木山神社が宣託により遷宮した際に、神社の別当寺が完成するまでの間、仮堂を当地に建て、新坊寺とした。

と、二つの説がある。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)6月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
新法師(小字全域) 76世帯 239人

施設[編集]

公共[編集]

  • 新法師会館

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

大字 番地 小学校 中学校
新法師 全域 弘前市立岩木小学校 弘前市立津軽中学校

交通[編集]

造坂上、新法師東口、新法師(弘前バスターミナル - 枯木平線弘前バスターミナル - 高岡経由 - いわき荘線三本柳 - いわき荘経由 - 義塾高校線)停留所。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b オープンデータひろさき 弘前市 町名別人口・世帯数_平成29年” (日本語). ひろさき未来戦略研究センター (2017年6月1日). 2017年6月18日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。

参考文献[編集]

角川日本地名大辞典 2 青森県(角川書店)