新潟アルビレックスBBラビッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
新潟アルビレックスBBラビッツ
Niigata Albirex BB Rabbits
愛称 BBラビッツ
所属リーグ 日本の旗 WJBL
創設年 2011年
本拠地 新潟県
アリーナ 阿賀野市水原総合体育館
チームカラー      オレンジ
     ブルー
運営法人 一般社団法人新潟アルビレックス女子バスケットボールクラブ
代表者 小菅学
ヘッドコーチ 小川忠晴
公式サイト http://www.albirexbb-rabbits.com/
ユニフォーム
Kit body thinbluesides.png
ホームのジャージ
Kit shorts bluesides.png
チームカラー
ホーム
Kit body thinorangesides 2.png
アウェイのジャージ
Kit shorts orangesides.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示

新潟アルビレックスBBラビッツ(にいがたアルビレックスビービーラビッツ、: Niigata Albrex BB Rabbits)は、新潟県阿賀野市をホームタウンとしてWJBLに所属している女子バスケットボールチームである。

概要[編集]

新潟アルビレックス女子バスケットボールクラブ
Niigata Albirex Women's Basketball Club
創立者 日野明人
団体種類 一般社団法人
設立 2011年
所在地 新潟県新潟市中央区古町通二番町538
法人番号 3110005006615 ウィキデータを編集
起源 日本航空女子バスケットボール部
主要人物 代表理事 小菅学
活動地域 日本の旗 日本・新潟県
活動内容 バスケットボールの普及
テンプレートを表示

チーム所在地は新潟県。母体企業はNSGグループで、チーム運営は同社が設立する一般社団法人新潟アルビレックス女子バスケットボールクラブが行い、チームの代表は男子の新潟アルビレックスBBの運営会社社長(現在は小菅学)が兼任する。一般社団法人による運営はWJBLでは山梨クィーンビーズに次いで2番目、Wリーグでは初となる。

日本航空会社更生法適用に伴い廃部が決定した[1]JALラビッツの譲渡を受け、2011年に設立された。

2011年5月17日、新チーム名は「ラビッツ」を継承し、「新潟アルビレックスBBラビッツ」とすることが発表される[2]。初代ヘッドコーチもJALラビッツの最後のヘッドであった荒順一が引き続き就任。元日航の5人に大卒新人3人が加わり、選手8名でチームが発足した。選手はNSGグループ職員として勤務しながらプレーする。

ホームアリーナ[編集]

ホームアリーナ
アリーナ 収容 ホーム開催試合数
12-13 13-14 14-15 15-16 16-17 17-18
阿賀野市 阿賀野市水原総合体育館 - - - - - 2 2
阿賀野市ささかみ体育館 - - 2 - - - -
新潟市内 新潟市東総合スポーツセンター - (4) (2) (4) (4) (2) 2
新潟市鳥屋野総合体育館 - 2(2) (2) - (2) - 3
新潟市体育館 - - - 2 - - -
新潟市白根カルチャーセンター - - - - - - 2
長岡市内 アオーレ長岡 - - (4) (4) (2) (4) 2
長岡市栃尾体育館 - - 2 - - - -
新潟地域 燕市体育センター - - 2 - - - -
燕市吉田総合体育館 - - - 2 - - -
五泉市村松体育館(さくらアリーナ) - 2 2 2 2 - 2
五泉市総合会館 - - - - - 2 -
新発田地域 聖籠町町民会館 - (2) (2) - - - -
新発田カルチャーセンター - (2) - - - - -
岩船地域 パルパーク神林(村上市) - 2 - - 2 - -
胎内市総合体育館 - - - - - - 2
長岡地域 小千谷市総合体育館 - - - 2 - - 2
見附市総合体育館 - - - - - 2 -
十日町地域 十日町市総合体育館 - - - - 2 - -
上越市 リージョンプラザ上越 - - (2) - (2) (2) -
レギュラーシーズン・ホーム試合数計 16 20 16 16 14 17
1試合平均観客動員 - - 1,211 1,202 1,005 -
  • カッコ内は、男子チームとのダブルヘッダー開催数
  • 下記ゲームは2次ラウンドで中立ゲーム扱いとなり、観客動員に含まない[3]

歴史[編集]

2011-12シーズン[編集]

2012-13シーズン[編集]

2013-14シーズン[編集]

荒順一HCが退任、衛藤晃平ACがHC昇格[4]

2014-15シーズン[編集]

2015-16シーズン[編集]

衛藤HCが退任(男子bj・バンビシャス奈良HC)し、炭田久美子(新潟出身・元山梨クィーンビーズHC)が新HCに就任。 「走るバスケ」を掲げ、2ラウンド制に変更されたシーズンに挑んだが、 2012-13シーズンの山梨以来、リーグとして2回目となるシーズン全敗となった。


2016-17シーズン[編集]

炭田HCが退任、球団OBの小川忠晴が新HCに就任。 待望のセンタープレイヤー・馬雲をはじめ、3人が新加入。

一方で退団する選手の一人・君山の引退により、 JAL時代からの選手が出岐のみとなる。

昨シーズン全敗の反省から、チーフトレーナーを新設、 新潟市内を「ジプシー」していた練習場所も、 五泉市総合会館に「固定」するなど、 強化方針を見直した。

開幕17戦目となる山梨戦で678日ぶりの勝利を挙げて3シーズンまたぎの連敗を53で止め[5]、翌日も勝利して2シーズンぶりの連勝を果たした[6]

ホーム・アオーレ長岡で迎えた19戦目となるアイシンAW戦には敗れ3連勝とはならなかったが、翌日には雪辱を果たし、686日ぶりのホームゲーム勝利となった [7]

しかしレギュラーシーズンの勝ち星はこの3つに止まり、 アーリーエントリーで3人(宮坂桃菜・根来真奈・ナウタヴァイ圭理)が加入した2次ラウンドも山梨相手に挙げた1勝に終わった。

2017-18シーズン[編集]

アーリーエントリーの3人に加え、北川直美・宮崎安奈・渡邊愛加の3人が新加入。一方、出岐の引退により「JALラビッツ」のルーツをくむ選手がいなくなった。

また昨シーズン練習拠点として使用した五泉市総合会館が工事で使用できなくなった事から、五泉市に隣接する阿賀野市と協定を交わし、水原総合体育館を拠点に再出発する事となった[8]

成績[編集]

年度 リーグ レギュラーシーズン セミファイナル ファイナル 最終結果
順位
2011-12 Wリーグ 13 4 24 5位 --- 7位
2012-13 14 12 17 6位[9] --- 6位
2013-14 15 11 22 8位 --- 8位
2014-15 16 5 25 9位 --- 9位
2015-16 17 0 25 11位[10] --- 11位
2016-17 18 4 23 11位[11] --- 11位

スタッフと選手[編集]

現行ロースター[編集]

新潟アルビレックスBBラビッツ ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
G 1 宮坂桃菜 26 (1994/8/24 ) 1.63 m (5 ft 4 in) 60 kg (132 lb) 日本の旗 東京医療保健大学 
F 5 中山樹 24 (1996/2/19 ) 1.71 m (5 ft 7 in) 58 kg (128 lb) 日本の旗 鹿屋体育大学 
F 7 北川直美 26 (1994/5/24 ) 1.73 m (5 ft 8 in) 65 kg (143 lb) 日本の旗 日本体育大学 
F/C 8 渡邊愛加 26 (1995/1/25 ) 1.77 m (5 ft 10 in) 72 kg (159 lb) 日本の旗 筑波大学 
G 9 平典紗 24 (1996/11/20 ) 1.65 m (5 ft 5 in) 59 kg (130 lb) 日本の旗 東京医療保健大学 
F 11 井上愛 キャプテン 31 (1990/1/6 ) 1.72 m (5 ft 8 in) 63 kg (139 lb) 日本の旗 鹿屋体育大学 
F/C 12 金沢みどり 24 (1996/10/7 ) 1.69 m (5 ft 7 in) 61 kg (134 lb) 日本の旗 福島大学 
F/C 14 津田史穂莉 28 (1992/9/14 ) 1.68 m (5 ft 6 in) 62 kg (137 lb) 日本の旗 拓殖大学 
G 16 山澤恵 24 (1996/6/14 ) 1.62 m (5 ft 4 in) 56 kg (123 lb) 日本の旗 新潟県立新潟中央高等学校 
F 17 千葉歩 24 (1996/8/4 ) 1.67 m (5 ft 6 in) 58 kg (128 lb) 日本の旗 専修大学 
C 23 ロー・ヤシン 26 (1995/1/14 ) 1.87 m (6 ft 2 in) 82 kg (181 lb) セネガルの旗 拓殖大学 
F/C 33 菅原絵梨奈 27 (1993/6/21 ) 1.78 m (5 ft 10 in) 80 kg (176 lb) 日本の旗 山梨学院大学 
ヘッドコーチ
小川忠晴

歴代ヘッドコーチ[編集]

  1. 荒順一(11-13)
  2. 衛藤晃平(13-15)
  3. 炭田久美子(15-16)
  4. 小川忠晴

アリーナDJ[編集]

公式アンバサダー[編集]

新潟大学OGでミス・アース日本代表でもある山田彩乃らと共に来場し、ブースターと応援を行う。

過去の所属選手[編集]

ユニフォームスポンサー[編集]

脚註[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]