新潟中央インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新潟中央インターチェンジ
新潟中央インターチェンジ(入口料金所)
新潟中央インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E49 磐越自動車道
IC番号 14
料金所番号 01-670
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0008.svg 新潟中央
起点からの距離 212.7 km(いわきJCT起点)
新潟中央JCT (0.8 km)
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道16号標識
新潟県道16号新潟亀田内野線
供用開始日 1994年平成6年)7月28日
通行台数 x台/日
所在地 950-1145
新潟県新潟市江南区久蔵興野99-1
テンプレートを表示

新潟中央インターチェンジ(にいがたちゅうおうインターチェンジ)は、新潟県新潟市江南区久蔵興野の磐越自動車道上にあるインターチェンジ

概要[編集]

磐越道の終点にあたる。料金所が本線上にあるバリア式となっており、いわきジャンクション起点212.2kmの本線上にある。また出入口がそれぞれ2箇所ずつあり、鳥屋野潟公園方面の出入り口は212.3km、新潟県庁方面の出入り口(磐越道終点)は212.7kmの距離にある。

インターチェンジとしての所属は磐越道だが、料金所の約50m南側に新潟中央ジャンクションが所在しており、周辺の道路案内では北陸自動車道および日本海東北自動車道のインターチェンジとしても扱われている。開通当初は長岡方面から当ICへの流出ができなかったが、のちにオフランプが増設され、現在は4方面全てへの流入・流出が可能となっている。

道路[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:5 

入口[編集]

  • ブース数:2 

出口[編集]

  • ブース数:3 
    • ETC専用:1 
    • 一般:2 

周辺[編集]

バス停留所[編集]

新潟県・県内高速バス路線図

新潟市から県内各方面に至る「県内高速バス」は当ICを利用する。停留所はインター北側約700m先の県道16号沿い、上沼交差点周辺に設けられている。停留所名は「中央インター前」だが、インターチェンジの敷地内ではなく、同市中央区鳥屋野地内に位置している。なお、上下双方でバス停の位置が大きく異なっており、相互間は約300m離れている。

このほか、ICに隣接する新潟市民病院からは一般路線バス「S1 市民病院線」・「S5 女池線」・「S7 スポーツ公園線」を利用できる。

[編集]

E49 磐越自動車道
(13) 新津IC - (13-1) 新津西スマートIC - 新潟PA - (42) 新潟中央JCT - (14) 新潟中央IC

関連項目[編集]