新潟県立歴史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 新潟県立歴史博物館
Niigata Prefectural Museum of History
Niigata Prefectural Museum of History.jpg
施設情報
正式名称 新潟県立歴史博物館
専門分野 新潟県の歴史、縄文文化
事業主体 新潟県
管理運営 新潟県
延床面積 10,007.79m2
開館 2000年8月1日[1]
所在地 940-2035
新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2[2]
外部リンク 公式ウェブサイト (日本語)
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

新潟県立歴史博物館(にいがたけんりつれきしはくぶつかん)は、新潟県長岡市関原町一丁目にある歴史博物館

概要[編集]

「縄文文化を探る」数々の火焔型土器

2000年8月1日開館[1]新潟県の歴史展示を中心に縄文時代の文化や新潟県の歴史・民衆生活に関する資料などを展示している。

博物館HPの「Pre-open Version[3]」にある「博物館日誌」によると、1991年の基本構想策定、1992年の基本構想公表を経て1994年に基本計画策定、そして建設地が長岡市関原地区(当時計画進行中だったテーマパーク「スペースネオトピア」の隣接地[4])に決定した。

常設展示施設[編集]

「雪とくらし」昭和30年代初めの上越市高田の雁木通りを再現。
  • 常設展示「新潟県のあゆみ」
  • 常設展示「米づくり」
  • 常設展示「雪とくらし」
  • 常設展示「縄文人の世界」
  • 常設展示「縄文文化を探る」
  • 企画展示 年間4回開催

専門スタッフ[編集]

  • 西田泰民(考古学、参事)
  • 浅井勝利(古代史、学芸課長)
  • 山本哲也(博物館学)
  • 宮尾亨(考古学)
  • 渡辺浩二(近世史)
  • 前嶋敏(中世史)
  • 陳玲(民俗学)
  • 田辺幹(近代史)
  • 三国信一(民俗学)

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 9:30~17:00(入館は16:30まで)[2]
  • 休館日 - 月曜日(但し祝日の場合は翌日)、12月28日~1月3日[2]
  • 観覧料 - 一般:510円、大学生・高校生:200円、中学生以下無料[2]

(20名以上の団体料金 一般:400円、大学生・高校生:160円[2]) 企画展観覧料は別途設定

  • 駐車場 - 一般用 184台・大型バス 5台・身障者用 4台[2]
  • 所在地 - 〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2[2]

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]