新潟県道505号入ノ平白馬線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
新潟県道505号標識
新潟県道505号入ノ平白馬線
路線延長 5.7512 km(総延長・実延長)
起点 新潟県糸魚川市大所
終点 大所川橋南詰
(新潟県糸魚川市大所)
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

新潟県道505号入ノ平白馬線(にいがたけんどう526ごう いりのたいらはくばせん)とは、新潟県糸魚川市内を通る一般県道である。

概要[編集]

糸魚川市最西南端の木地屋地区と一級河川姫川左岸に開かれている集落を結ぶ。起点から先は飛騨山脈(後立山連峰)への登山拠点でもある蓮華温泉に至る。終点付近では国道148号立体交差しているものの、当県道からは直接流出入することはできない。

路線データ[編集]

路線状況[編集]

全区間セメントアスファルトで舗装されている。

規格改良に関しては、全体の約95.5%にあたる5.4904km=5490.4mは改良済みである。全区間3.5m以上の幅員が確保されており、このうち全体の約50.6%にあたる2.9089km(=2908.9m)は幅員が5.5m以上となっている。歩道は0.050km(=50m)設置されている。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 新潟県、2008年

関連項目[編集]