新潟県道66号白根西川巻線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
新潟県道66号標識
新潟県道66 白根西川巻線
主要地方道 白根西川巻線
起点 新潟市南区白根【地図
終点 新潟市西蒲区松野尾字焼山【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
新潟県道44号標識
新潟県道44号新潟燕線
国道116号標識 国道116号
Japanese Route Sign Number 2.svg
新潟県道2号標識
新潟県道2号新潟寺泊線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
新潟県道46号標識
新潟県道46号新潟中央環状線
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

新潟県道66号白根西川巻線(にいがたけんどう66ごう しろねにしかわまきせん)は、新潟県新潟市南区から西蒲区に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

新潟市白根中心部から潟東、西川中心部を経て、巻北部の松野尾に至る。

白根中心部の白根交差点から本町通交差点に掛けては中央通で、本町通交差点から七軒町に掛けては本町通の通称がある。中ノ口川を味方橋で渡り、味方中心部を抜け、潟東北部の五之上などの集落を経由して西川へ向かう。

潟東から西川に掛けては水田が広がるが、その大部分がかつて存在した潟湖鎧潟の干拓地にあたる。

西川中心部の曽根を抜けると狭隘な単車線区間となり、終点の巻北部の松野尾に至る。この先は引き続き新潟県道46号新潟中央環状線となり、国道403号(越後七浦シーサイドライン)に至る。

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 白根中央通(白根交差点 - 本町通交差点)
  • 白根本町通((諏訪ノ木交差点 - )本町通交差点 - 七軒町)

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

新潟市南区上下諏訪木付近

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十1日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]