新生紙パルプ商事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新生紙パルプ商事株式会社
Shinsei Pulp & Paper Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0054
東京都千代田区神田錦町一丁目8番地
設立 1918年(大正7年)3月14日
(大倉孫兵衛洋紙店株式会社)
業種 卸売業
法人番号 7010001012862
事業内容 紙・パルプ・紙製品などの卸売
代表者 若林 紀生(代表取締役社長)
資本金 32億2800万円
発行済株式総数 8000万株
売上高 連結:3056億8900万円
単独:2978億5000万円
(2012年3月期)
営業利益 連結:38億6100万円
単独:37億7600万円
(2012年3月期)
純利益 連結:8億7500万円
単独:7億7700万円
(2012年3月期)
純資産 連結:385億2700万円
単独:360億2400万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結:1596億5400万円
単独:1534億2200万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 単独:592名
(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本製紙(株) 9.74%
北越製紙(株) 9.62%
王子製紙(株) 4.04%
(2008年3月31日現在)
主要子会社 オーピーパーム(株) 100%
外部リンク www.sppcl.co.jp
テンプレートを表示

新生紙パルプ商事株式会社(しんせいかみぱるぷしょうじ)は、パルプを主に販売している商社である。業界3位。旧大昭和製紙の製品取り扱いが多かったことから日本製紙系。日本製紙、王子製紙北越コーポレーション等の販売代理店である。

沿革[編集]

大倉三幸の沿革[編集]

  • 1889年(明治22年) - 大倉孫兵衛洋紙店創設。
  • 1918年(大正 7年) - 株式会社に改組し、株式会社大倉洋紙店に改称。
  • 1962年(昭和37年) - 株式会社愛知洋紙店と合併。名古屋支店開設。
  • 1964年(昭和39年) - 株式会社五輪堂洋紙店と合併。
  • 1971年(昭和46年) - 株式会社博進社と合併。社名を株式会社大倉博進と改称。
  • 1985年(昭和60年) - 社名を大倉紙パルプ商事株式会社と改称。
  • 2000年(平成12年) - 三幸株式会社と合併。社名を大倉三幸株式会社と改称。
  • 2005年(平成17年) - 株式会社岡本と合併。新生紙パルプ商事が誕生。

岡本の沿革[編集]

  • 1692年(元禄 5年) - 初代 紙屋 彌兵衛が江戸両国で紙商を創業。
  • 1726年(享保11年) - 幕府の指名問屋となる。
  • 1918年(大正 7年) - 株式会社に改組し、株式会社岡本商店を設立。
  • 1963年(昭和38年) - 社名を株式会社岡本に改称。
  • 2005年(平成17年) - 大倉三幸株式会社と合併。新生紙パルプ商事が誕生。

新生紙パルプ商事[編集]

  • 2005年 大倉三幸と岡本が合併し、新生紙パルプ商事が誕生。

部活動[編集]

東名阪で17の部活動が行われている。

バスケットボール部、野球部、テニス部、サッカー部、フットサル部、釣り部、書道部、華道部などがある。

特に顕著な成績を収めているのはバスケットボール部で、全日本社会人選手権準優勝など実業団の強豪として君臨している。