新田原古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新田原古墳群
所在地 宮崎県児湯郡新富町大字新田
宮崎県西都市大字右松
位置 北緯32度6分8.8秒
東経131度25分39.3秒
座標: 北緯32度6分8.8秒 東経131度25分39.3秒
形状 円墳前方後円墳方墳
出土品 埴輪須恵器鉄鉱、雲珠、石突
築造時期 3世紀(弥生時代終末期)~6世紀後半(古墳時代後期)
史跡 国の史跡
特記事項 塚原古墳群、石船古墳群、山之坊古墳群、祇園原古墳群の総称
地図
新田原古墳群の位置(宮崎県内)
新田原古墳群
新田原古墳群
テンプレートを表示

新田原古墳群(にゅうたばるこふんぐん)は、宮崎県児湯郡新富町新田と西都市右松にある4つの古墳群の総称である。

概要[編集]

一ツ瀬川左岸にある新田原台地(海抜約70m)に円墳前方後円墳方墳など大小あわせて207基[1]が確認されている。1944年昭和19年)11月13日に国の史跡に指定された[2][3]

「新田原古墳群」という名称は、国による史跡指定時に新田村(現在の新富町)にあった古墳を行政単位で指定措置した結果であるが、2010年平成22年)現在は、古墳の分布状況や築造時期から4つの古墳群に大別すべきと考えられており、東から塚原古墳群、石船古墳群、山之坊古墳群、祇園原古墳群と呼ばれている[4]

祇園原古墳群は、円墳138基、前方後円墳14基、方墳1基、墳形不明1基の合計154基が確認されている[4]。石船古墳群の一部(第42~45号墳)は、1941年昭和16年)の陸軍飛行場(現在の航空自衛隊新田原基地)建設に伴い、大師山公園に移転(縮尺を5分の1にして改葬)した[1][5]

1824年(文政7年)8月、天領右松村(現在の西都市)の「佐土原領入田村境界同意書」付図の中に入田村(旧新田村、現在の新富町)と右松村の境界に「セタヲ塚」を確認しており、前方後円墳の前方部分が西都市、後円部が新富町として、当時の境界が現在にも継承されている[1]

新田原古墳群は新富町が管理し、新富町教育委員会によって発掘調査が行われている。

主な古墳[編集]

  • 百足塚古墳 - 墳長76.4m、後円部径32m、前方部幅43.6m、クビレ部幅38mの前方後円墳[4]
  • 大久保塚古墳
  • 弥吾郎塚古墳
  • 水神塚古墳
  • 機織塚古墳
  • 霧島塚古墳

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 国指定史跡 新田原古墳群 保存管理計画策定書(1990年 新富町教育委員会)
  2. ^ 昭和19年11月13日文部省告示第1080号(参照:[1]
  3. ^ 新田原古墳群(文化遺産オンライン)
  4. ^ a b c 国指定史跡「新田原古墳群」史跡整備にともなう発掘調査概要報告書(13)(2010年3月 新富町教育委員会)
  5. ^ お大師山公園と掩体壕”. 新富町職員ブログ. 新富町役場 (2014年3月5日). 2016年2月23日閲覧。

参考資料[編集]

  • 国指定史跡 新田原古墳群 保存管理計画策定書(1990年3月 宮崎県新富町教育委員会)
  • 国指定史跡「新田原古墳群」史跡整備にともなう発掘調査概要報告書(13) 祇園原古墳群(2010年3月 宮崎県新富町教育委員会)

関連事項[編集]