新田和長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新田 和長(にった かずなが 1945年5月5日 - )は、日本の実業家、レコードプロデューサー。元レコードディレクター、ミュージシャン。

ドリーミュージック取締役エグゼクティブプロデューサー。

概要[編集]

早稲田大学在学中に「ザ・リガニーズ」を結成し東芝音楽工業(現EMIミュージック・ジャパン)よりレコードデビュー。ビートルズのディレクターであった高嶋弘之に誘われ、大学卒業後に東芝音楽工業へ入社。1969年以降はオフコース赤い鳥RCサクセショントワ・エ・モワ加藤和彦北山修はしだのりひこなどを手がけ、チューリップ甲斐バンド長渕剛[1]寺尾聰稲垣潤一加山雄三など、プロデューサー、エグゼクティヴプロデューサーを務める。

1984年にファンハウスを設立し、代表取締役社長に就任。オフコース、稲垣潤一、舘ひろし小林明子岡村孝子小田和正永井真理子辛島美登里シングライクトーキングS.E.N.S.大事MANブラザーズバンドACCESS斉藤和義THE YELLOW MONKEY等を輩出。1998年に吸収相手のBMGジャパン取締役・RCAアリオラジャパン社長に就任。1999年にBMGファンハウスが発足すると代表取締役副社長に就任。

2001年に依田巽らとドリーミュージックを設立。現在もプロデューサーとして平原綾香などを手がける[2]

日本レコード協会副会長、音楽産業・文化振財団理事の就任歴がある。

略歴[編集]

  • 1945年5月:神奈川県横浜市生まれ
  • 1964年3月:芝高等学校卒業
  • 1965年4月:早稲田大学商学部 入学 早稲田大学「フォークソングクラブ」の創設に参加、在学中に所太郎らと共に「ザ・リガニーズ」を結成。東芝音楽工業(株)より「海は恋してる」等を発売
  • 1969年3月:早稲田大学商学部 卒業
  • 1969年4月:東芝音楽工業株式会社(後の東芝EMI、現EMIミュージック・ジャパン)入社
  • 1982年10月:第2制作部グループ部兼第2プロモーション部長
  • 1984年4月:東芝EMIより独立し株式会社ファンハウスを設立、代表取締役に就任
  • 1998年7月:株式会社BMGジャパン取締役・RCAアリオラジャパン社長に就任(株式会社ファンハウス代表取締役社長と兼務)
  • 1999年7月:株式会社BMGジャパンと株式会社ファンハウスを合併して株式会社BMGファンハウスを発足、代表取締役副社長・ファンハウス社長就任
  • 2001年8月:株式会社ドリーミュージックを設立、代表取締役社長に就任
  • 2003年11月:株式会社ドリーミュージック代表取締役会長兼C.E.Oに就任
  • 2004年6月:株式会社ドリーミュージックアーティストマネージメントを設立、代表取締役に就任
  • 2011年:株式会社ドリーミュージック 取締役エグゼクティブプロデューサー
  • 2012年8月31日:株式会社ドリーミュージック取締役エグゼクティブプロデューサーを辞任し退社
  • 2013年9月:株式会社フールオンザヒルを設立、代表取締役社長に就任

作品[編集]

ディレクター・プロデューサー・エグゼクティブプロデューサーとして関わった代表作品

  • 「誰もいない海」トワ・エ・モワ(1970)
  • 「虹と雪のバラード」トワ・エ・モワ(1971)
  • 「翼をください」赤い鳥(1971)
  • 「花嫁」はしだのりひことクライマックス(1971)
  • 「あの素晴らしい愛をもう一度」加藤和彦と北山修(1971)
  • 「僕の好きな先生」RCサクセション(1972)
  • 「心の旅」チューリップ(1973)
  • 「青春の影」チューリップ(1974)
  • 「黒船」サディスティック・ミカ・バンド(1974)
  • 「我が良き友よ」かまやつひろし(1975)
  • 「海その愛」加山雄三(1976)
  • 「HERO」甲斐バンド(1978)
  • 「さよなら」オフコース(1979)
  • 「乾杯」長渕剛(1980)
  • 「ルビーの指輪」寺尾聡(1981)
  • 「ドラマティック・レイン」稲垣潤一(1982)
  • 「君が、嘘を、ついた」オフコース(1984)
  • 「泣かないで」舘ひろし(1984)
  • 「恋におちて」小林明子(1985)
  • 「夢をあきらめないで」岡村孝子(1987)
  • 「海神」S.E.N.S. (1988)
  • 「サイレントイブ」辛島美登里(1990)
  • 「ZUTTO」永井真理子(1990)
  • 「ラブストーリーは突然に」小田和正(1991)
  • 「それが大事」大事MANブラザーズバンド(1991)
  • 「クリスマスキャロルの頃には」稲垣潤一(1992)
  • 「歩いて帰ろう」斎藤和義(1994)
  • 「楽園」THE YELLOW MONKEY(1996)
  • 「さとうきび畑」森山良子(2001)
  • 「涙そうそう」森山良子(2001)
  • 「Jupiter」平原綾香(2003)

脚注[編集]