新田宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

新田宿(しんでんしゅく、しんでんじゅく)は、江戸時代日光街道(日光道中)に設けられた下野国宿場日光街道江戸日本橋から数えて13番目の宿場である。現在は栃木県小山市羽川に相当する。

概要[編集]

宿駅としての起源はよく分かっていない。別称は芋柄新田(いもがらしんでん)、大町新田(おおまちしんでん)。現在は栃木県小山市羽川に相当する。 宿駅の管理は、当初は小山藩元和5年(1619年)以降は宇都宮藩、元和8年1622年以降は古河藩貞享2年(1685年)以降は幕府が担った。

天保14年(1843年)の『日光道中宿村大概帳』によれば、本陣は1軒、脇本陣は1軒設けられ、旅籠が11軒(大2、中4、小5)あった。宿内の家数は59軒、人口は244人であった[1][2][3]

現在の国道4号線沿いに展開し、南端は小山羽川郵便局付近、北端は銅市金属工業付近である。

交通[編集]

隣の宿場

  • 日光街道、奥州街道
小山宿 - 新田宿 - 小金井宿

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『小山市史 通史編II 近世』253 – 293 頁(宿駅と助郷制の成立)
  2. ^ 『小山市史 通史編II 近世』712 – 724 頁(村々の領主変遷図)
  3. ^ 『栃木の日光街道』新田宿の解説記事

参考文献[編集]

  • 小山市史編さん委員会 編 『小山市史 通史編II 近世』 小山市、1986年
  • 日光街道ルネッサンス21推進委員会 編『栃木の日光街道』下野新聞社、平成15年(2003年)