新田義方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

新田 義方(にった よしかた、1941年もしくは1942年 - 2016年12月16日[1])は、日本アニメーション演出家アニメーション監督脚本家

来歴[編集]

代表作に『Gu-Guガンモ』、『トランスフォーマーV』、『銀河烈風バクシンガー』などがある。

タイガーマスク』や『魔法使いサリー』の頃から演出を行っていたベテランの演出家であり(東映最年長の勝間田具治より1年遅い演出デビューである)、ロボットアニメ魔法少女アニメハーレムアニメボーイズラブ系アニメなど、幅広いジャンルの演出をこなしていた。新しい技法などの導入にも積極的で『ゲッターロボ號』の第19話「メタルビーストの亡霊」ではモーション・コントロール・カメラによる撮影を行った。

東映動画・東映アニメーション(東映動画に下請けをさせていた国際映画社の作品も含む)での仕事が大半であるが、日本アニメーション和光プロダクションナック東京ムービー→東京ムービー新社→キョクイチ東京ムービー→トムス・エンタテインメントAプロダクション→シンエイ動画でも本名で絵コンテ・演出・総監督・チーフディレクターを務めていた。

2016年12月16日に死去。75歳没。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「新田義方さんが亡くなりました。今日奥様から葉書にてお知らせ頂きました。 12月16日75歳で永眠、との事です。」”. タバスコさんのツイッター. (2016年12月26日). https://twitter.com/tabasco9924/status/811590280939913216 2016年12月26日閲覧。 
  2. ^ 途中降板した初代チーフディレクター・岡迫和之の後任(就任時期については不明)。