新田良太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新田 良太郎(にった りょうたろう、1989年12月14日 - )は日本の元陸上競技選手、専門は長距離種目宮城県出身。所属は東北高校コニカミノルタ

人物[編集]

コニカミノルタ陸上競技部に所属し、ニューイヤー駅伝などで活躍。2013年のニューイヤー駅伝では6区を担当。先頭でタスキを受け取ると、社会人ルーキーとして注目された柏原竜二(富士通)などを抑える区間賞の走りで2位以下に大差を付け、コニカミノルタの5年ぶり7度目のニューイヤー駅伝優勝を決定付けた[1]。翌2014年のニューイヤー駅伝でも6区を担当。5区で区間賞の走りを見せた東北高校時代の1学年の先輩でもある野口拓也から2位と3秒差の先頭でタスキを受けると、前年と同じく区間賞の走りで独走態勢に持ち込む。結果として2位以下に1分30秒以上の差を付けタスキをつなぎ、コニカミノルタのニューイヤー駅伝2連覇の立役者となった[2][3]。その後はニューイヤー駅伝に出走することなく、2016年3月に現役を引退[4]。2018年2月からは、同世代の陸上長距離選手である八木勇樹三田裕介が設立した、高地トレーニングの再現や走る能力が測定できる施設「SPORTS・SCIENCE・LAB」でトレーナーを務めている[5]

自己ベスト・記録[編集]

出典[編集]

  1. ^ [1] コニカミノルタが5年ぶりV/駅伝詳細 - ニューイヤー駅伝2013 nikkansports.com
  2. ^ [2] コニカミノルタV2 野口&新田“東北魂”連続区間賞 ― スポニチ Sponichi Annex 駅伝
  3. ^ [3] 第58回 全日本実業団対抗駅伝競走大会-コニカミノルタ陸上競技部 コニカミノルタ
  4. ^ [4] コニカミノルタ陸上競技部の黒﨑拓克選手と新田良太郎選手が本日3月31日をもちまして... - ランプロ部(コニカミノルタ ランニングプロジェクト) Facebook
  5. ^ [5]SPORTS SCIENCE LABスタッフに新田良太郎が加わる