新田貞靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
由良貞靖/新田貞靖
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天明5年4月9日1785年5月17日
死没 明治2年2月9日1869年2月19日
改名 松平寿之助→由良久之助(幼名)→頼靖(初名)→貞靖→新田貞靖
別名 新田四位侍従
戒名 徳勝院殿施道良門大居士
墓所 芝二本榎の國昌寺
官位 従四位上侍従播磨守
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家斉家慶家定家茂
氏族 守山松平家由良氏
父母 父:松平頼亮、母:川上氏娘
養父:由良貞陰
兄弟 松平頼孝、松平頼慎武田信典貞靖、知久頼衍、
伴(秋月種徳婚約者→小笠原貞温継室)、
都子(佐竹義知正室)
新田貞時正室
養子:(新田)貞時森忠敬五男)

新田 貞靖(にった さだやす)は、江戸時代後期の高家旗本由良家11代当主。維新以前は由良 貞靖を名乗った。

生涯[編集]

天明5年(1785年)、陸奥国守山藩3代藩主・松平頼亮の四男または五男[1]として誕生した。文化11年(1814年)3月27日、由良貞陰の養子となった。同年7月22日、貞陰の隠居により家督を相続する。同年9月22日、11代将軍・徳川家斉御目見し、表高家となる。

文政2年12月24日(1820年)、高家職に就任し、諸大夫と成り改名を命ぜられ、名乗りを久之助から播磨守と改める。天保13年(1842年)5月15日、従四位下に昇進する。嘉永5年(1852年)5月26日、高家肝煎となり、役料800俵を賜る。嘉永7年(1854年)2月18日、従四位上。文久3年(1863年)12月21日、高家肝煎を辞し、雁之間高家末席となる。元治元年(1864年)7月29日、養子の貞時に家督を譲る。その際500俵を隠居料として賜る。

慶応4年(1868年)、隠居の身ながら家臣と協議し、新田姓に復することを決議する。貞時と共に新田姓となり、「新田四位侍従」と呼称された。

明治2年(1869年)2月9日、死去。享年85。法名は徳勝院殿施道良門大居士。

菩提寺は、新田由良家歴代と同じく芝二本榎の國昌寺。

脚注[編集]

  1. ^ 「新田家系譜」。