新発田バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
新潟県道26号標識
国道7号標識国道290号標識
新発田バイパス
地図
起点 新潟県新発田市日渡
終点 新潟県新発田市島潟
接続する
主な道路
(記法)
国道7号標識 国道7号新新バイパス
国道460号標識 国道460号新発田南バイパス
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

新発田バイパス(しばたバイパス)は、新潟県新発田市日渡から同市島潟に至る、新潟県道26号新発田豊栄線国道7号(重複:国道290号)のバイパス道路

概要[編集]

かつて国道7号は、新発田市日渡から新発田市中心部に向かっていたが、新発田バイパスはそこから北東に向かって市街地を迂回する。新発田IC新新バイパスの接続を受けて国道7号となり、加治川に架かる加治大橋に至る。橋北詰には国道290号と接続する、一部立体交差式の三日市交差点がある(2002年に立体交差化されたもの[1])。これと新発田ICを除いて全線平面交差である。

しかし、すでに県内の主要バイパス路線同様、都市間移動と生活道路としての役割が重複しており、沿線のほぼ全域にわたってロードサイド型店舗が数多く立ち並び、慢性的に流れが悪くなっている。新発田市役所至近の城北町交差点周辺は、新潟市近郊でも特に渋滞が発生しやすい地点である。

これらの慢性的な渋滞を解消するため、新新バイパスと接続する新発田ICが完全立体化され(詳細は新発田インターチェンジを参照)、その後細部の施工を行い2009年平成21年)度中に全面竣工した。

新発田拡幅[編集]

新発田IC以東の区間については、舟入交差点 - 島潟交差点 - 三日市交差点間の延長5.8kmが「新発田拡幅」として国土交通省による拡幅事業が行われている[2]。2009年(平成21年)9月4日に舟入交差点〜中曽根町交差点間の延長0.9kmの区間が完成4車線供用され、2016年(平成28年)3月30日には中曽根町交差点〜小舟町交差点間の延長0.9kmが完成4車線供用された[3]。残る小舟町交差点〜三日市交差点間4.0kmも片側2車線化が行われる予定となっている。

主な接続路線[編集]

歴史[編集]

接続するバイパスの位置関係[編集]

国道7号[編集]

(新潟方面)新新バイパス - 新発田バイパス - 現道 - 加治川バイパス (青森方面)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典

  1. ^ 国道7号 新発田拡幅 再評価資料 (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局 (2010年12月). 2019年5月10日閲覧。
  2. ^ 一般国道7号 新発田拡幅 パンフレット (PDF)”. 国土交通省北陸地方整備局新潟国道事務所 (2018年3月). 2019年5月10日閲覧。
  3. ^ 新発田拡幅事業 新発田市中曽根町交差点~小舟町交差点 3月30日(水)14:00に交通形態(2→4車線)を切り替えます”. 北陸地方整備局 新潟国道事務所 (2016年3月14日). 2019年5月10日閲覧。