新発田中央高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新発田中央高等学校
過去の名称 新発田工芸女学校
新発田工芸高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人新発田中央高等学校
設立年月日 1916年2月
創立者 佐藤要吉
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 15509J
所在地 957-8533
新潟県新発田市曽根570番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
新発田中央高等学校の位置(新潟県内)
新発田中央高等学校

新発田中央高等学校(しばたちゅうおうこうとうがっこう)は、新潟県新発田市曽根にある私立高等学校

概要[編集]

新潟の県北地域では唯一の私立高等学校である。学校創立から昭和50年代初めまでは主に被服教育を行う女子校であったが、現在は男女共学の普通科単独設置校となっている。

設置学科[編集]

  • 全日制課程 普通科(2年次より以下のコースに分かれる)
    • 進学文系コース(1学級)
    • 進学理系コース(1学級)
    • 総合コース(4学級)

沿革[編集]

  • 1916年(大正5年)
    • 2月 - 創立者の佐藤要吉が新発田工芸女学校を創設し、初代校長に就任。
    • 4月 - 新発田町字竹町の仮校舎において開校する。
    • 10月 - 現・中央町に新校舎が竣工・移転。開校式挙行。
  • 1948年(昭和23年)4月 - 学制改革により新制の新発田工芸高等学校となり、併設中学校を設置する。
  • 1951年(昭和26年) - 設置者の財団法人新発田工芸高等学校が、私立学校法に基づき学校法人に移行する。
  • 1965年(昭和40年) - 被服科(4学級)のほか、新たに普通科(3学級)を設置。
  • 1966年(昭和41年) - 併設中学校の募集停止。
  • 1978年(昭和53年) - 現校名に改称。普通科が男女共学化。
  • 1992年(平成4年) - 現在地に新校舎が完成・移転。
  • 1999年(平成11年) - 被服科募集停止。

[1]

部活動[編集]

運動部[編集]

  • 野球部
  • サッカー部
  • バスケットボール部(男・女)
  • バレーボール部(男・女)
  • ソフトテニス部(男・女)
  • バドミントン部(男・女)
  • 陸上競技部
  • 卓球部
  • 剣道部
  • 柔道部
  • 空手道

[2]

文化部[編集]

  • 吹奏楽部
  • 合唱部
  • 華道部
  • 美術部
  • 被服部
  • 書道部
  • ボランティア部
  • 文芸部

[2]

著名な出身者[編集]

交通[編集]

  • JR白新線佐々木駅より徒歩約20分
  • JR羽越線新発田駅より「新潟行き」バスで中央高校前下車
    登校時には駅前通り発「中央高校行き」、下校時には中央高校発「新発田駅行き」のバスをそれぞれ増発運行。

脚注[編集]

  1. ^ 【沿革】 新発田中央高等学校2012年11月8日閲覧。
  2. ^ a b 【部活動】 新発田中央高等学校2012年11月8日閲覧。

関連項目[編集]