新納忠澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
新納忠澄
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄2年9月12日1559年10月12日
改名 忠澄→魚隠(号)
別名 通称:右衛門入道
官位 能登守
氏族 新納氏
父母 父:新納友義
兄弟 忠祐、忠澄、忠光、忠載
三原氏娘
康久

新納 忠澄(にいろ ただずみ)は、戦国時代武士新納是久の孫にあたる。

略歴[編集]

新納氏庶流・新納友義の子として誕生。

出家して漁隠と号す。叔母にあたる常盤の願いで、常盤の子の菊三郎(後の島津忠良)に仏教儒学・政治学を教える。また志布志の新納本家が離散すると、同じく庶流で甥にあたる祐久を忠良に引き合わせる。この祐久の子が後の忠元である。