新羅神社 (多治見市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新羅神社
Sinra jinja.JPG
所在地 岐阜県多治見市御幸町2丁目99番地
位置 北緯35度19分50.02秒
東経137度7分38.89秒
主祭神 建速須佐之男命 八王子神 八幡神 西之宮大神
社格 元郷社
創建 不明
例祭 10月第2日曜日
主な神事 初えびす(1月5日)
テンプレートを表示

新羅神社(しんらじんじゃ)は、岐阜県多治見市にある神社

多治見市の産土神とされている。古くより厄除、災禍除に御利益があるといわれ、延命長寿、安産祈願、家庭円満の神社として信仰されている。

西之宮大神(蛭子命)が合祀されており、毎年1月5日の初えびすは賑わう。

沿革[編集]

創建時期は不明。奈良時代前期、この地域(田只見郷)は新羅系の氏族が住んでいたことから、新羅系氏族の祖神を祀ったのが始まりという。平安時代の美濃神名帳の「従五位下田只見明神」と記述されている。

鎌倉時代、多治見氏により八幡神が合祀される。室町時代応永年間には建速須佐之男命が合祀されている。

現在の社殿は嘉永元年(1848年)の再建である。

かつて、本殿の北側周辺には明治末期から昭和中頃にかけて東濃地方随一の遊郭であった西ヶ原遊郭が存在した。

祭神[編集]

文化財[編集]

  • 新羅神社社殿 附陶製灯籠・棟札(市指定有形文化財 建造物)[1]

所在地[編集]

  • 岐阜県多治見市御幸町2丁目99番地

交通機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 指定文化財”. 多治見市 (2012年12月20日). 2013年4月21日閲覧。