新羽町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 港北区 > 新羽町
新羽町
—  町丁  —
新羽駅 駅舎(2006年12月)
新羽町の位置(横浜市内)
新羽町
新羽町
新羽町の位置(神奈川県内)
新羽町
新羽町
新羽町の位置
座標: 北緯35度31分6.5秒 東経139度36分41.52秒 / 北緯35.518472度 東経139.6115333度 / 35.518472; 139.6115333
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
港北区
面積[1]
 - 計 2.899km2 (1.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 12,012人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 223-0057[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

新羽町(にっぱちょう)は、神奈川県横浜市港北区町名[5]。丁目の存在しない単独町名であり、2017年平成29年)12月31日現在、住居表示は施行されていない[1]郵便番号は223-0057[3]

地理[編集]

東端から南端にかけて鶴見川が流れる沖積平野であるが、西端は多摩丘陵にかかっている[6]港北ニュータウンの開発以前から住宅・工場などが進出してきていた[6]。交通網としては、中央部を南北に横浜市営地下鉄ブルーライン宮内新横浜線が通るほか、南北に神奈川県道13号横浜生田線、東西に神奈川県道・東京都道140号川崎町田線(緑産業道路)が通り、北西端を第三京浜道路が通過している。

新羽町は北端で新吉田町・新吉田東と、東端で鶴見川を挟んで大倉山と、南端で北新横浜や小机町と、西端で都筑区川向町・大熊町・仲町台・新栄町と接する。


歴史[編集]

史料に「新羽」の名が現れるものとして、鎌倉時代正応3年(1290年)に、「武州新羽郷」の所領の相続をめぐり相論となったことが残っている[7]。また、道興准后が当地に立ち寄ったことが、『廻国雑記』に残されている[5]

江戸時代の当地は都筑郡新羽村であり、天領や複数人の旗本領に分割されていた[5]村高は、『武蔵田園簿』で1095石あまり、『元禄郷帳』では1124石あまり、『天保郷帳』では1268石あまり、『旧高旧領取調帳』では1285石あまりというように推移していた[5]。年貢以外に神奈川宿への助郷も負担していた[5]鶴見川の堤防をめぐり、周辺の村と騒動となることも何度かあった[5]

明治維新以降は新羽村などが合併して新田村が成立し、新羽はその大字となった。のちに横浜市へと合併され、港北区に属することとなり、新羽町が設置された。昭和38年から49年(1963年から74年)にかけて、当地の人口は急激に増加した[5]

地名の由来[編集]

「にっぱ」の「ハ」は「山の端」を意味すると考えられている[8]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
新羽町 5,857世帯 12,012人

小字名[編集]

  • 長嶋
  • 外野(外埜)
  • 南上町
  • 中窪(中久保)
  • 大竹
  • 大竹耕地
  • 上大竹
  • 久保谷
  • 堂面
  • 中町
  • 上耕地
  • 下堤外
  • 海老ガ谷
  • 北ノ谷
  • 間門谷
  • 新田谷


交通[編集]

鉄道[編集]

横浜市営地下鉄ブルーラインが通り、新羽駅が設置されている。なお、北新横浜駅新羽車両基地の所在地は北新横浜であるが、もとは新羽町の一部であった。

路線バス[編集]

域内に東急バス新羽営業所が設置されているほか、横浜市営バスも当地を通っている。

道路[編集]

ブルーラインと並行して宮内新横浜線が通るほか、神奈川県道13号横浜生田線神奈川県道・東京都道140号川崎町田線が当地の「新羽十字路」で交差している。

教育施設[編集]

神奈川県立新羽高等学校

なお、公立の小中学校の学区は、以下のように決まっている[10]

番地 小学校 中学校
(詳細省略) 横浜市立新田小学校 横浜市立新羽中学校
(詳細省略) 横浜市立新羽小学校
3097番地 横浜市立新吉田小学校 横浜市立新吉田中学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 角川日本地名大辞典 14 神奈川県、p.688。
  6. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県、p.984。
  7. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県、pp.687-688。
  8. ^ 横浜の地名 横浜市 2006年 p.165
  9. ^ 横浜市町区域要覧 横浜市 (2016年3月31日). p.3-168。
  10. ^ 小・中学校通学区域”. 横浜市教育委員会. 2013年1月20日閲覧。

参考文献[編集]