新良幸人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新良 幸人
生誕 (1967-12-16) 1967年12月16日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 沖縄県白保村
ジャンル J-POP
職業 シンガー
担当楽器 ボーカル
三線
琉笛
活動期間 2003年 -
レーベル エム アンド アイ カンパニー(2003年)
タクミノート(2011年 - )
事務所 ARIZE
共同作業者 パーシャクラブ
公式サイト arize.jp/

新良 幸人(あら ゆきと、1967年12月16日 - )は、沖縄県白保出身の音楽家、「パーシャクラブ」のメインボーカル。所属レコード会社テイチクエンタテインメント。所属事務所はARIZE(アライズ)。日本を代表する沖縄民謡界の唄者である。

来歴[編集]

11歳から八重山古典民謡を民謡家の父である新良幸永に師事し、厳しく教えられる。沖縄県立八重山高等学校出身で、BEGIN大島保克の一学年先輩にあたる。

1985年、高校在学中の17歳の時に最年少で八重山古典コンクール最高賞を受賞。その後、進学のために那覇市に居住。現在も沖縄県那覇市を拠点に音楽バンド「パーシャクラブ」のボーカル三線奏者として活動。曲によっては琉笛も演奏する。

平行してパーシャクラブのバンドメンバーの“サンデー”こと仲宗根哲と2人で三線太鼓による活動も行っている。また宮古島出身のアーティスト下地勇(現下地イサム(とともにユニット「SAKISHIMA meeting」を結成し全国で活動を続けている。

2008年、宮良長包音楽賞受賞。

新良幸人作詞による「ファムレウタ(子守唄)」は、1995年TBSテレビ筑紫哲也 NEWS23」のエンディング・テーマに採り上げられた。2003年には同郷の歌手夏川りみのミニ・アルバム「ファムレウタ〜子守唄〜」にも収録された。

人物[編集]

勇ましく男らしいボーカルは沖縄ポップス界きっての二枚目声と謳われる。

鋭い眼差しに黒系の衣装、剃り上げた頭にピアスサングラスという強面の外見から、クールで近寄り難い人物かと思われがちだが、ライブでは酒瓶をラッパ飲みしてベロベロに酔っ払ったり、コスプレをして登場したりと、おちゃらけた三枚目キャラを披露することもある。

  • ピアスは、若い頃に「唄一本で食っていく。」と決意したときに、覚悟を身体に刻みたいという思いから、その場で開けたという。

レギュラー出演中のRBCiラジオ「ズミーファイユー」内のコーナー「スナック母子手帳」では"ゆきママ"という女性役(オネエではない。)で登場している。「気分が出ないから」と、ラジオ収録にも関わらず女装までするなど徹底している。

生まれ故郷である八重山の民謡について、「絶やさないためではなく、良い唄だから歌っているだけ。」と語っている。

作品[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格番号 備考
2003年11月19日 月虹 MYCD-35006 新良幸人ソロ作品
2009年11月18日 春夏秋ちょっと酔ing SW-0001 「新良幸人 with サンデー」としてリリース
2011年10月12日 浄夜 TECG-25053 「新良幸人×サトウユウ子」としてリリース

関連項目[編集]