新選組 (1969年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新選組
監督 沢島忠
脚本 松浦健郎
製作 三船敏郎
西川善男
稲垣浩
出演者 三船敏郎
小林桂樹
北大路欣也
三國連太郎
音楽 佐藤勝
撮影 山田一夫
編集 阿良木佳弘
配給 東宝
公開 1969年12月5日 日本の旗
(全国公開は1970年1月1日)
上映時間 122分
製作国 日本
言語 日本語
配給収入 1億2000万円[1]
テンプレートを表示

新選組』(しんせんぐみ)は1969年日本で制作された時代劇映画。製作は三船プロダクション。同時上映は『若大将シリーズ』の一本である『ブラボー!若大将』(東京映画作品。監督:岩内克己)。

ストーリー[編集]

文久3年1月。武州多摩で天然理心流の試衛館を開く近藤勇(三船敏郎)は土方歳三(小林桂樹)や沖田総司(北大路欣也)らと浪士隊に応募し、京に向った。隊には水戸浪士芹沢鴨(三國連太郎)率いる水戸天狗党の残党も参加していた。京都で江戸逆戻りの命令を出す清河八郎(御木本伸介)に反発した近藤、芹沢ら13人は松平肥後守御預けとして、同年3月、新選組が誕生した。近藤と共に局長についた芹沢ら一派の狼籍は目に余り、近藤、土方、沖田ら試衛館一派は芹沢らを暗殺。新見錦(内田良平)らも斬られ、新選組の実権は完全に近藤が握った。元治元年6月5日、政変で失墜した長州派の志士が池田屋に集まっているとの情報を探知した近藤らはわずか5人で急襲、凄絶な斬り合いの末、圧倒的勝利を収めた。以来、新選組は、幕臣の信頼を集めたが、幕府は衰亡の一途を辿っていた。幕府の危機を悟った近藤だったが、最後まで幕府のために働く初心を変えなかった。鳥羽・伏見の戦いに敗れた近藤らは江戸へ帰還。その後甲陽鎮撫隊を率いたものの、戦況は好転せず近藤は下総流山で官軍に降った。慶応4年4月25日、板橋の刑場で近藤は処刑された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)274頁

関連項目[編集]