新郷瀬川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
新郷瀬川
水系 一級水系 木曽川
種別 一級河川
延長 7 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 47 km²
河口・合流先 郷瀬川(愛知県犬山市
流域 愛知県
テンプレートを表示

新郷瀬川(しんごうせがわ)は、愛知県犬山市を流れる木曽川水系一級河川である。

元々は入鹿池の余剰の水の放水路として造られた人工河川である。

地理[編集]

入鹿池から流れてきた五条川より、犬山市羽黒付近(岐阜県道・愛知県道16号多治見犬山線富士橋の南約200m)で分流する。犬山市内を北上し、犬山市松本町付近(岐阜県道122号・愛知県道186号御嵩犬山線新郷瀬川橋)で郷瀬川に合流する。郷瀬川は犬山城の東で木曽川に合流する。

一帯は並木となっている。また、自然環境が比較的良好に保たれており、それを生かして多自然型川づくりの試験施工が行なわれている。

流域の自治体[編集]

愛知県
犬山市