新野新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新野 新(しんの しん、1935年2月23日 - )は放送作家大阪府大阪市[1]出身。1973年放送作家集団「ペン企画」代表。早稲田大学文学部卒業。独身。大阪市在住。

来歴・人物[編集]

  • 実家は氷屋。早稲田大学卒業後は東宝テレビ部に入社。演劇見世物などのショーの興行も行っていた北野劇場に入り、演出助手を務める。その後演出を務めるようになり、金井克子ミヤコ蝶々他出演のミュージカル『0の街』の演出・脚本などを手掛けた[2]1960年代中期頃からテレビのコメディ番組の作家として活動するようになり、以後関西を中心にしたお笑い、バラエティ番組を中心に放送作家として活動。後に東宝を退社。
  • 大阪府立東住吉高等学校芸能文化科非常勤講師を務めている。
  • 初めてラジオパーソナリティを務めたのは、1966年スタートの『オーサカ・オールナイト 夜明けまでご一緒に』(ラジオ大阪、土曜日)であり、1968年まで務める。この時から「チョチョまう」など独特の言葉を番組中で発していた[2]。その後1978年に放送開始したラジオ大阪の伝説の深夜番組『鶴瓶・新野のぬかるみの世界』のパーソナリティで一躍脚光を浴びた。それ以後テレビ番組の司会、コメンテーターとして活躍。
  • 初期の代表作は演出の澤田隆治に誘われて脚本を担当したコメディ番組ミニミニ社員』(朝日放送ABCテレビ)1970年)である。
  • 『ぬかるみの世界』の放送中で『Dr.スランプ』を「ディア・スランプ」、LAWSONを「レイソン」と読み間違えたことがある[3]
  • 『ぬかるみの世界』においては、新野の自宅のことが「魔の館」と呼ばれていたことがあった[4]
  • 山田洋次と対談した際、手持ち無沙汰だった山田が新野の名刺を折って破ってしまったことがあり(もちろん山田本人に悪意はなかったが)、以後、山田に対して悪印象しかない。

主な弟子たち[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の主な出演作品[編集]

テレビ[編集]

ほか

ラジオ[編集]

ほか

著書[編集]

  • 上方タレント101人
  • 父のくしゃみ
  • タいのタイ
  • 笑ほど素敵な商売はない
  • ポンコの憂鬱

など

脚注[編集]

  1. ^ アートキャップ公式ホームページ
  2. ^ a b 出典:別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)
  3. ^ 『ぬかるみの世界 ありがとう、新野先生、鶴瓶さん』215~216ページ(「ぬかるみ用語の基礎知識」)より。
  4. ^ 『ぬかるみの世界 ありがとう、新野先生、鶴瓶さん』217ページ(「ぬかるみ用語の基礎知識」)より。

関連項目[編集]