新野 (御前崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 静岡県 > 御前崎市 > 新野 (御前崎市)
新野
—  大字  —
新野の位置(静岡県内)
新野
新野
新野の位置
座標: 北緯34度40分19.82秒 東経138度6分58.31秒 / 北緯34.6721722度 東経138.1161972度 / 34.6721722; 138.1161972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Shizuoka Prefecture.svg 静岡県
市町村 Flag of Omaezaki Shizuoka.JPG 御前崎市
人口 (2015年(平成27年)10月1日現在)[1]
 - 計 1,540人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 437-1611[2]
市外局番 0537 (掛川MA)[3]
ナンバープレート 浜松

新野(にいの)は、静岡県御前崎市大字である。本項では1889年明治22年)の町村制施行時に同区域に存在した新野村(にいのむら)についても記す。

地理[編集]

御前崎市北西部に位置する。東で下朝比奈・上朝比奈、南で池新田・門屋、西で菊川市河東、西・北で菊川市高橋と隣接する。静岡県道37号掛川浜岡線が縦断する。

河川[編集]

  • 新野川

歴史[編集]

にいのむら
新野村
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併
池新田町朝比奈村比木村佐倉村新野村浜岡町
現在の自治体 御前崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
小笠郡
総人口 2,636
国勢調査1950年
隣接自治体 小笠郡池新田町、小笠町、朝比奈村
榛原郡相良町
新野村役場
所在地 静岡県小笠郡新野村

Shizuoka Ogasa-gun 1889.png

小笠地域の町村制施行時の町村。39が新野村。 (35.池新田村→町 36.朝比奈村 37.比木村 38.佐倉村)
 表示 ウィキプロジェクト

往時の新野村は純農村であったが、土地は肥沃でなく、また、北側に佐栗山とよばれるなだらかな丘陵を背負い、往来を妨げていたため、かなり不便な村であった。村の下に大字のない単集落の村で、人口も1,000人あまりと少なかった。

1923年堀之内軌道が全通したが、わずか10メートルほどの峠の上り下りでよく立ち往生し、1935年に廃止になる。そのご、峠に佐栗山トンネルができ、堀之内駅(現菊川駅)と池新田町を結ぶ路線バスが比較的頻繁に往来し、村内に、新野・木ヶ谷の停留所が設けられたが、村の様子はほとんど変わらなかった。

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2015年(平成27年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
新野 457世帯 1,540人

交通[編集]

バス[編集]

道路[編集]

かつて存在した交通機関[編集]

施設[編集]

  • 新野簡易郵便局
  • 木ヶ谷公会堂
  • 山田ヶ谷公会堂
  • 西町内会集会所
  • 中尾公会堂
  • 新野東上組公会堂
  • 新野原公民館
  • 上水神社
  • 御嶽神社
  • 正明神社
  • 幡室神社
  • 金毘羅神社
  • 金山神社
  • 神明神社
  • 佐馬武神社
  • 津島神社
  • 新野神社
  • 想慈院

その他[編集]

日本郵便[編集]

警察[編集]

町内の警察の管轄区域は以下の通りである[6]

番・番地等 警察署 交番・駐在所
全域 菊川警察署 新野駐在所

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat)”. 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年1月6日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ 旧高旧領取調帳データベース
  5. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)
  6. ^ 交番・駐在所案内”. 菊川警察署. 2019年1月6日閲覧。

関連項目[編集]