新鉾田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新鉾田駅
新鉾田駅
新鉾田駅
しんほこた
Shin-Hokota
徳宿 (4.3km)
(3.9km) 北浦湖畔
所在地 茨城県鉾田市新鉾田一丁目837-3
所属事業者 鹿島臨海鉄道
所属路線 大洗鹿島線
キロ程 31.0km(水戸起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
1,485人/日
-2015年-
開業年月日 1985年(昭和60年)3月14日
備考 社員配置駅
テンプレートを表示
ホーム(2008年3月)

新鉾田駅(しんほこたえき)は、茨城県鉾田市新鉾田一丁目にある鹿島臨海鉄道大洗鹿島線である。

概要[編集]

当駅は鉾田市の代表駅[注釈 1]であり同市中心市街地、旧・鹿島鉄道鉾田駅[注釈 2]大竹海岸の最寄り駅である。

当駅における運行形態[編集]

  • 上り(鹿島旭大洗水戸)方面
    • 日中は概ね1時間に1本の普通列車(水戸行)が停車する、朝と夕方には当駅始発の列車も設定されている[1]
  • 下り(大洋鹿島大野鹿島神宮方面)
    • 日中は概ね1時間に1-2本の普通列車(鹿島神宮行)が停車する[1]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する高架駅である。水戸駅と当駅を結ぶ区間列車も1日数本設定されている。

社員配置駅出札窓口には東日本旅客鉄道(JR東日本)と同型のPOS端末が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 大洗鹿島線 下り 鹿島神宮方面
2 上り 大洗水戸方面

利用状況[編集]

1日乗降人員推移 [2]
年度 1日平均人数
2011年 1,458
2012年 1,717
2013年 1,701
2014年 1,565
2015年 1,485

駅周辺[編集]

旧・鉾田町の中心市街地の東に隣接し、空地が多い。2007年平成19年)4月1日に廃止された鹿島鉄道線鉾田駅は、鉾田の市街地を挟んだ反対側、当駅より西へ徒歩約20分ほどの場所に位置していた。ただ、2012年10月1日より茨城空港行きのバスで結ばれた(後述)。

西側方面[編集]

鉾田駅跡地はバスターミナル機能のみ存続(鉄道営業当時の2006年3月撮影)

市街地、鉾田駅(旧・鹿島鉄道線)方面

東側方面[編集]

バス路線[編集]

ローズライナー (成田空港線)成田空港行き
通学急行バス麻生庁舎行き

駅前に停留所がある。停留所名は「新鉾田駅」または「新鉾田駅前」。

成田空港行き、東京駅行きの高速バスと麻生庁舎行きの急行バスと路線バス(石岡駅・鉾田駅・茨城空港方面)が乗り入れる。当駅を経由しない水戸市内行きなどはバスターミナルとして存続している鉾田駅バスターミナルを発着する。鉾田駅バスターミナルまで約1.5キロメートルある(徒歩約20分)。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

鹿島臨海鉄道
大洗鹿島線
徳宿駅 - 新鉾田駅 - 北浦湖畔駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2007年4月1日の鹿島鉄道廃止までは鉾田駅が鉾田市の代表駅であった。
  2. ^ 廃線後も併設されている関鉄グリーンバス鉾田営業所の拠点バスターミナルとして機能している。

出典[編集]

関連項目[編集]