新鎌ケ谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 千葉県 > 鎌ケ谷市 > 新鎌ケ谷
新鎌ケ谷
新鎌ヶ谷駅周辺の街並み(新鎌ふれあい公園より撮影)
新鎌ヶ谷駅周辺の街並み(新鎌ふれあい公園より撮影)
新鎌ケ谷の位置(千葉県内)
新鎌ケ谷
新鎌ケ谷
新鎌ケ谷の位置
北緯35度46分46.61秒 東経139度59分57.41秒 / 北緯35.7796139度 東経139.9992806度 / 35.7796139; 139.9992806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Kamagaya, Chiba.svg 鎌ケ谷市
人口
2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 • 合計 4,464人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
273-0107[2]
市外局番 047[3]
ナンバープレート 習志野

新鎌ケ谷(しんかまがや)は、千葉県鎌ケ谷市の地名。現行行政地名は新鎌ケ谷一丁目から新鎌ケ谷四丁目。郵便番号は273-0107[2]

地理[編集]

新鎌ヶ谷駅前にある東経140度線標識(アクロスモール側)

鉄道4路線が交差する新鎌ヶ谷駅を中心に発展しており、鎌ケ谷市における新しい市街地として進み、現在のところ千葉県では大きな変貌を遂げているエリアの一つである。駅名と同様に、「新鎌(しんかま)」と略称される場合が多い[4]。また街の中央を東経140度線が通り、新鎌ヶ谷駅前広場および市役所横には歩道上に東経140度線がマーキングされている[5]。現在、新鎌ヶ谷駅周辺の約59.1ヘクタールの造成(新鎌ケ谷特定土地区画整理事業)がUR千葉ニュータウン事業本部により開発されており、最終的な計画人口は5,700人である。また、新鎌ケ谷は千葉ニュータウンに含まれないが、新鎌ケ谷と千葉ニュータウン・成田地区の総称として、「東京⇔成田 SKYGATEシティ」の名称でのPRが行われている。

歴史[編集]

新鎌ヶ谷駅周辺の夜景
(新鎌ふれあい公園より撮影)

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
新鎌ケ谷一丁目 851世帯 1,470人
新鎌ケ谷二丁目 349世帯 618人
新鎌ケ谷三丁目 590世帯 1,635人
新鎌ケ谷四丁目 332世帯 741人
2,122世帯 4,464人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
新鎌ケ谷一丁目 14〜23番 鎌ケ谷市立西部小学校 鎌ケ谷市立第三中学校
1〜13番 鎌ケ谷市立鎌ケ谷小学校 鎌ケ谷市立鎌ケ谷中学校
新鎌ケ谷二丁目 1〜6番
7〜9番 鎌ケ谷市立五本松小学校
10〜11番
13~21番
鎌ケ谷市立第三中学校
12番(一部)
12番(一部) 鎌ケ谷市立鎌ケ谷中学校
新鎌ケ谷三丁目 15〜22番 鎌ケ谷市立第五中学校
3〜14番 鎌ケ谷市立鎌ケ谷中学校
1〜2番 鎌ケ谷市立鎌ケ谷小学校
新鎌ケ谷四丁目 1番
3番
6番(一部)
鎌ケ谷市立五本松小学校
4〜5番
6番(一部)
7〜15番
鎌ケ谷市立第三中学校

交通[編集]

新鎌ケ谷の中心となる新鎌ヶ谷駅

鉄道および道路が交差する地点にあり、千葉県北西部の交通の要衝となっている。鉄道については都心羽田空港横浜をはじめ、千葉県の主要エリアである松戸船橋津田沼幕張千葉へ乗換えなしでアクセスできる他、2010年には成田空港へも乗換えなしでアクセスできる様になった。

道路に関しても、京葉道路花輪IC)や国道16号をはじめ、成田方面や茨城県南部へも利便性が良い。ただし、近年は周辺道路の渋滞が慢性化しており、それに伴って周辺住宅地の狭い道を裏道として利用する車が多くなり、通学路などの交通量が増えるといった問題も発生している。このため、区画整理事業と一体で新京成線の連続立体交差事業が進められている。

鉄道[編集]

かつては本八幡駅より都営地下鉄新宿線を延伸し、新鎌ヶ谷駅まで延長する計画(東京10号線延伸新線)があったが、採算性が見込めないことなどを理由に2013年9月に検討委員会が解散となり、計画そのものが廃止になっている[8]千葉県営鉄道の項も参照の事)。なお新鎌ケ谷特定土地区画整理事業においては、同路線用の鉄道用地も確保されている。

バス[編集]

深夜バス[編集]

道路[編集]

国道464号のバイパスとして、北千葉道路市川市北千葉ジャンクション東京外環自動車道接続点~鎌ケ谷消防署前)が都市計画決定されているが、現在のところ着工の目処は立っていない。

施設[編集]

鎌ケ谷市役所
鎌ケ谷警察署
イオン鎌ヶ谷ショッピングセンター
アクロスモール新鎌ヶ谷
東横インオリジナル千葉新鎌ヶ谷駅前
鎌ケ谷総合病院
新鎌ふれあい公園

行政施設[編集]

主な商業施設および金融機関[編集]

新鎌ヶ谷駅前(東口)
新鎌ヶ谷駅構内

宿泊施設[編集]

教育施設[編集]

いずれも新鎌ケ谷地区内ではないが、新鎌ヶ谷駅を最寄り駅とする。

その他[編集]

イベント[編集]

毎年9月に新鎌通りおよび市役所前にて「YOSAKOIかまがや」(主催:鎌ケ谷市商工会、共催:鎌ケ谷市)が開催されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口【町丁別人口・世帯数】”. 鎌ケ谷市 (2017年11月1日). 2017年11月16日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月16日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月16日閲覧。
  4. ^ 「新鎌通り」や「新鎌ふれあい公園」など、公共施設における公式名称でも略称が見られる。
  5. ^ http://www.city.kamagaya.chiba.jp/news/kikakuzaisei/h240208toukei140/h240208toukei140.html
  6. ^ 鎌ケ谷市立小学校及び中学校の通学区域について - 鎌ケ谷市 (2017年7月1日). 2017年11月17日閲覧 (PDF)
  7. ^ 北総線と成田スカイアクセス線は同じ駅ナンバリングを使用
  8. ^ 新鎌ケ谷への延伸計画廃止 検討委員会が解散 都営新宿線 - ちばとぴ、2013年9月4日。