新長田駅前ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新長田駅前ビル、東急プラザ新長田開業に合わせ建物の外壁が水色に変更となっている
東急プラザ新長田

新長田駅前ビル(しんながたえきまえビル)は兵庫県神戸市長田区にある超高層ビルである。

新長田駅のすぐ南西に位置しており、1977年、神戸市西部副都心計画の核として、旧・住宅都市整備公団(現・都市再生機構)の一般市街地住宅方式により建設された。商業施設部分はジョイプラザとして神戸すまいまちづくり公社が管理運営を行っている。

阪神・淡路大震災において、周辺建物が多大な被害を受ける中でも大きな損害を受けず、復興のメルクマールとなった。

核テナントの大丸新長田店が2013年1月末に閉店した後、東急不動産が後継事業者[1]、核テナントに西友が出店する事が決まり[2]、同年9月20日に東急プラザ 新長田として開業している[3]。(西友は7月27日先行開業[4]

建築概要[編集]

  • 規模 - 地上25階、地下3階(高さ82m)
  • 延床面積 - 59,917m2
  • 敷地面積 - 8,712m2
  • 建築面積 - 6,564m2
  • 所在地 - 神戸市長田区若松町5丁目5-1

主なテナント[編集]

  • 東急プラザ新長田(地下1階~地上2階)
  • ワークセンターわかまつ(3階)
  • 新長田勤労市民センター(4階)
  • 展望日本料理店(25階)

周辺情報[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

座標: 北緯34度39分22.7秒 東経135度8分39.9秒