新雪 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新雪』(しんせつ)は、藤澤桓夫小説、それを原作とした映画作品、およびその主題歌の題名。

新雪』は、まず、藤澤桓夫による新聞連載小説として、1941年11月24日から1942年4月28日まで『朝日新聞』に154回連載された[1]。連載開始後に太平洋戦争が始まるという時期であったが、「さわやかな恋物語」として好評となり、1942年五所平之助監督によって大映で映画化されて[2]水島道太郎、当時は宝塚歌劇団に在籍していた月丘夢路と美鳩まりが主演して、灰田勝彦が歌った同名の主題歌もヒットした[1]

内容は、国民学校の青年教師・蓑和田を主人公に、女医と恩師の娘との淡い恋愛模様を描くものであった[1][3]

戦後も、楽曲「新雪」は様々な歌手によって歌われた。また1962年1966年には、テレビドラマも制作された。

映画[編集]

映画『新雪』は、五所平之助監督のもとで、館岡謙之助の脚本によって大映で製作され、1942年10月1日に公開された[3]

概要[編集]

五所平之助監督が松竹退社後初めて大映で手がけた作品。

本作は大ヒットし「大映初めてのヒット作」と評される。

大都映画のスターだった水島道太郎と、当時は宝塚歌劇団に在籍していた月丘夢路が主演した。

おもな撮影地は、兵庫県神戸市の高羽国民学校(後の神戸市立高羽小学校)で、撮影は1942年夏に行なわれ、当時の同校の児童も5年生、6年生を中心に20人ほどがエキストラとして撮影に参加した[1]。映画公開時に、エキストラとして参加した児童たちが映画館へ見に行ったところ、恋愛映画であり子どもは入場できなかった、というエピソードも伝えられている[1]

戦後長く、プリント等が残っていない「幻の映画」とされたが[1]1996年東京国立近代美術館フィルムセンターロシアのゴスフィルモフォンド(ロシア国立映画保存所)を現地調査した際に、存在が確認された[4]。後に東京国立近代美術館フィルムセンターがこのフィルムを購入した[1]。現存するのはオリジナル124分のうち84分相当であるが[3]、実際に上映可能な74分相当分だけでもストーリーは理解できるという[4]

出演者[編集]

楽曲[編集]

映画『新雪』の主題歌は、映画と同名の「新雪」として佐伯孝夫の作詞、佐々木俊一の作曲によって書かれ、灰田勝彦が歌い、映画の封切りとともに1942年10月に発売されて、ヒット曲となった。

戦後も、楽曲「新雪」は様々な歌手によって歌われている。NHK紅白歌合戦では、第3回1953年1月2日)に映画の主演女優であった月丘夢路が、後述のテレビドラマではフランク永井が、「名曲紅白」というテーマが掲げられた第33回1982年12月31日)に新沼謙治が、それぞれ歌った[5]

「新雪」は、佐伯孝夫の作詞作品を集めた佐良直美1972年のカバー・アルバム『鈴懸の径 -佐伯孝夫 優しい詩集-』にも収録された。

「新雪」は灰田勝彦の歌の中では、カラオケで歌われる機会が最も多い曲のひとつとされている[6]

テレビドラマ[編集]

1962年版[編集]

1962年2月1日と同年2月8日の2回に渡って、日本テレビ系列の『武田ロマン劇場』(武田薬品工業一社提供木曜21:45 - 22:30)で放送。

出演者[編集]

1966年版[編集]

1966年8月30日から同年12月27日まで日本テレビ系列で放送。全18回。前番組『母の曲』に引き続き、サンスターシオノギ(現:サンスター)一社提供。放送時間は毎週火曜21:30 - 22:00。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:藤澤恒夫
  • 主な脚本:辻久一
  • 主な監督:井上芳夫、大塚莞爾(デビュー作)
  • 制作:NTV、大映テレビ室
日本テレビ系列 武田ロマン劇場
前番組 番組名 次番組
幾山河
新雪
(1962年版)
日本テレビ系列 火曜21時後半
サンスターシオノギ一社提供
母の曲
新雪
(1966年版)

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “幻の映画「新雪」、60年ぶりに光 灘の高羽小が舞台”. (2004年11月7日). p. 34  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  2. ^ “藤沢桓夫さん死去 大阪文壇の長老格”. (1989年6月13日). p. 1  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ a b c 新雪 - allcinema
  4. ^ a b “ロシアで発見“幻の日本映画” 「新雪」兵庫県宝塚市で27日上映 関西初公開”. (2004年4月15日). p. 30  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  5. ^ 灰田勝彦は、紅白歌合戦には6回出場したが、紅白では「新雪」を歌っていない。(灰田勝彦#NHK紅白歌合戦出場歴
  6. ^ 灰田勝彦 カラオケ人気曲ランキング”. カラオケ機能徹底解説 カラカイ. 2014年2月6日閲覧。