方円流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
方円流
ほうえんりゅう
発生国 日本の旗 日本
発生年 天明二年(1782年
創始者 直 守一
源流 制剛流
主要技術

体術捕手術拳法

剣術槍術薙刀術棍棒術杖術
伝承地 福岡県
  

方円流(ほうえんりゅう)とは、小倉藩の直守一が開いた武術の流派。 剣術槍術薙刀術棍棒術杖術体術捕手術拳法を伝えた。

概要[編集]

小倉藩士の直守一(あたい もりかず)は七歳のとき神宮院法印霊芝にを学び、庭木に釘を投げて手裏剣を学んだ[1]。後に小倉藩士の浦野一歩に師事して制剛流を学んだ。浦野一歩は眼心流剣術、以心流居合宝蔵院流高田派槍術無眼流剣術無天流剣術や素槍も修行した達人であった[1]

印可を得た後に諸流十六流を極め、諸流の粋と制剛流の要を切磋して遂に必勝の秘訣を悟った。師にこれを質したところ、一流を立てる事を許されて天明2年(1782年)に方円流を開いた。方円流という流派の名前の意味は「異同相応じ虚実相依る」との意味である[2]

門人は二千人を超えたという。直は人に応じて道歌を詠むなど、一心に教導した。又、弟子が勝負にのみこだわり、人を侮る事を戒めたという[2]

直は弘化4年(1847年)に95歳で死去した。死に際まで、愛用の木刀を手放さなかったという。道統は子の上田如雲守身が継承した。後に二天流6代宗家の竹村岩次郎が拳法を創始した[3]

現在伝承が残っているかは不明であるが、少なくとも最近までは継承者が存在したようである[1]。また、関連は不明だが伊予大洲藩士の武知吉太夫が創始した同名の流派(捕縄術杖術、鎖術を伝えた)があるほか、佐賀藩にも同名の砲術の流派があった[3]

主な修行者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 綿谷・山田(1969):744ページ
  2. ^ a b 山崎(1981):33ページ
  3. ^ a b 綿谷・山田(1969):745ページ
  4. ^ 錬心舘の歴史・創始宗家 保勇のご紹介、少林寺流空手道錬心舘公式サイト、2013年6月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 宇津宮泰長 『小倉藩文武学制沿革誌』、鵬和出版、1999年
  • 山崎有信 『豊前人物志』、国書刊行会、1981年
  • 綿谷雪・山田忠史 『武芸流派大辞典』、新人物往来社、1969年