方解石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
方解石
方解石
分類 炭酸塩鉱物
化学式 CaCO3
結晶系 六方晶系
へき開 三方向に極めて完全
モース硬度 3
光沢 ガラス光沢
無色、白色、淡黄色
条痕 白色
比重 2.7
プロジェクト:鉱物/Portal:地球科学
テンプレートを表示
複屈折を示す方解石

方解石(ほうかいせき、calcite、カルサイト)は、鉱物炭酸塩鉱物)の一種。組成は炭酸カルシウム(CaCO3)。

比重2.7。モース硬度3。六方晶系

概要[編集]

石灰岩の主成分鉱物で、鉱石として扱われる場合は石灰石石材として扱われる場合は大理石と呼ばれる。変成岩である結晶質石灰岩では、方解石の細かな結晶が、再結晶して大きくなる。純粋なものは透明か白だが、不純物を含み色のついているものもあり、美しいものは大理石として珍重される。特に無色透明でな自形結晶のものは氷州石アイスランドスパー)と呼ばれる(由来は透明度の高い方解石をアイスランドが多く産出することから)。

一般に知られる方解石は、劈開した後のマッチ箱を押しつぶしたような平行四辺形あるいはひし形の結晶体で、複屈折(透明な方解石を通して向こう側を見ると二重に見える光学的特徴)をおこす鉱物として知られており、純粋なものは光学用に用いられる。欧州では、羅針盤が存在しない時代、この複屈折を利用して曇天、雨天時でも太陽の位置を調べることができるコンパスとして用いられていた[1]

日本で鉱業的に採掘しているものは大理石としての産状のものに限られる。往事は各地の熱水鉱床・スカルン等の鉱山で産出された。今日でも二子山など、無色透明の美晶を産する場所もある。

多形として霰石があり、成分は方解石と同じ炭酸カルシウムである(同質異像の関係)。

方解石グループ[編集]

出典[編集]

  1. ^ “バイキングの伝説の石「サンストーン」、実際の航海に使用 仏研究”. AFPBBNews (フランス通信社). (2011年11月4日). http://www.afpbb.com/articles/-/2838887 2014年5月14日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 沼野忠之 『岡山の鉱物』 日本文教出版〈岡山文庫〉、1980年、ISBN 4-8212-5092-6。
  • 松原聰 『フィールドベスト図鑑15 日本の鉱物』 学習研究社、2003年、ISBN 4-05-402013-5。
  • 松原聰・宮脇律郎 『国立科学博物館叢書5 日本産鉱物型録』 東海大学出版会、2006年、ISBN 978-4-486-03157-4。
  • 国立天文台編 『理科年表 平成19年』 丸善、2006年、ISBN 4-621-07763-5。
  • 近山晶 監修 『図解雑学鉱物・宝石の不思議』 ナツメ社 2005年10月20日発行 ISBN 4-8163-3858-6。

関連項目[編集]