於曾氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
於曾氏
No image available.svg
本姓 清和源氏義光流加賀美支流
家祖 於曽経行
種別 武家
出身地 甲斐国
主な根拠地 甲斐国山梨郡於曽郷[1]
支流、分家 板垣氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

於曾氏(おぞし)は日本氏族のひとつ。本姓は源氏


沿革[編集]

人皇第56代清和天皇の苗裔、新羅三郎義光の後胤で甲斐源氏の一族である加賀美氏の支流である。

「於曽」は『和名類聚抄』に記載される山梨郡の管郷で、於曽郷は甲府盆地北東部の甲州市塩山に比定され、甲州市塩山上於曽・同塩山下於曽に遺称地が残される。 『三枝氏系図』[2]に拠れば、古代には甲斐の在庁官人で盆地東部に足跡が残されている三枝氏の三枝守国三男守継が「隠於介」を称しており、三枝氏の一族が当地に拠っていたと考えられている。

平安時代後期には甲斐国市河荘に配流された源義清・清光親子の子孫は甲斐源氏として甲府盆地各地へ進出して土着し諸氏が分出するが、於曽郷には甲斐源氏の一族である加賀美遠光の子で於曽姓を称する光経(於曽五郎)、光俊(於曽五郎、名は経光とも)[3]の存在が知られ、甲斐源氏の一族が当地に拠り於曽氏を称していたと考えられている。戦国期には、於曽氏に代わり武田家臣団に含まれる板垣氏が出現する。

於曽屋敷[編集]

於曽屋敷

甲州市塩山下於曽には中世の土豪屋敷である於曽屋敷がある。於曽屋敷は良好な遺存状態の遺構が残される土豪屋敷跡で、周辺にも同時期の土豪屋敷が点在している。

於曽屋敷は館主については不明であるが、武田氏滅亡の際に於曾氏の家臣板垣権兵衛が附近で自害したとの伝承があり、切腹の際に腰を掛けたという、「板垣権兵衛の切腹石」が残されている。

参考文献[編集]

  • 塩山市史』資料編1(1996年
  • 「於曽屋敷」『山梨県史』資料編7中世4考古資料

脚注[編集]

  1. ^ 東山梨郡(もと山梨郡)上於曽村、及び下於曽村。現・山梨県甲州市塩山上於曽、及び塩山下於曽
  2. ^ 『山梨県史』資料編3原始・古代 - 2294号
  3. ^ 経光は「成就院武田系図」『県資』中世3上 - 16号、光俊は「大聖寺甲斐源氏系図」『県資』中世3上 - 17号に記載。