旅の途中で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
旅の途中で
石井竜也シングル
収録アルバム PENDULUM
B面 THE PENDULUM OF LIFE〜Piano version〜
印象派夕景〜G.A. version〜
リリース 2008年3月12日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル Sony Records
チャート最高順位
石井竜也 シングル 年表
君に戻ろう/雲
2007年
旅の途中で
2008年
AIRAの大地
2008年
テンプレートを表示

旅の途中で」(たびのとちゅうで)は、2008年3月12日に発売された石井竜也の23枚目のシングル。

解説[編集]

アルバム『PENDULUM』の先行で発売された石井竜也のシングル。初回盤はビデオクリップを収録したDVD付き。また、初回盤と通常版ではジャケットが異なっている。

収録曲[編集]

DISC 1 (CD)[編集]

  1. 旅の途中で
    作詞・作曲:石井竜也 編曲:TATOO Strings arrange:弦一徹
    「人生」を歌った石井の曲としては珍しい、激しく歌い上げているロック調の曲。「『迷っている』という情感を強く打ち出し、『迷ってもいいんだよ』ということを主張した。」と石井は語っている[1]。歌の内容は実際に体験したことでもあり、普段から自分に言い聞かせていることでもあるとのこと[2]
    ビデオクリップは自らの作品である振り子の椅子に座り、歌い続ける内容となっている。
  2. THE PENDULUM OF LIFE〜Piano version〜
    作詞・作曲:石井竜也 編曲:光田健一
    「旅の途中で」の連作。「素直に自分の気持ちに応えてみよう」と軽く背中を押してあげるようなバラード[1]。アルバム「PENDULUM」に通常版が収録されている。
  3. 印象派夕景〜G.A. version〜
    作曲:石井竜也 編曲:光田健一
    アルバム『PENDULUM』の最終トラックに収録されている同曲のインストゥルメンタルヴァージョン。石井本人曰く、「何年に一度しか紡げないようなメロディ」であり、「僕の映像体験のすべてを注入した」曲。古いイタリア映画のワンシーンと若き日のソフィア・ローレンの姿を狙い、万が一、3本目の映画を撮るとしたらこんな感じの曲を下地に置きつつ制作してみたいと思い描きながら作ったとのこと[1]

DISC 2 (初回盤DVD)[編集]

  1. Opening〜FULCRUM〜
  2. 旅の途中で〜Video Clip〜

収録アルバム[編集]

曲名 収録アルバム 発売日 備考
旅の途中で PENDULUM 2008年3月26日 14thオリジナルアルバム
THE PENDULUM OF LIFE PENDULUM 2008年3月26日 14thオリジナルアルバム(アルバムヴァージョンとして収録)
印象派夕景 PENDULUM 2008年3月26日 14thオリジナルアルバム(アルバムヴァージョンとして収録)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 石井竜也『石井伝心』(TOKYO FM出版)より。
  2. ^ 石井竜也『イノセント』(扶桑社)より。

参考文献[編集]