旅立ちの唄 (Mr.Childrenの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Mr.Children > 旅立ちの唄 (Mr.Childrenの曲)
旅立ちの唄
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『SUPERMARKET FANTASY
B面
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 2007年11月度月間1位(オリコン)
  • 2007年度年間8位(オリコン)
  • Mr.Children シングル 年表
    フェイク
    (2007年)
    旅立ちの唄
    (2007年)
    GIFT
    (2008年)
    SUPERMARKET FANTASY 収録曲
    少年
    (5)
    旅立ちの唄
    (6)
    口がすべって
    (7)
    ロックンロール
    (10)
    羊、吠える
    (11)
    風と星とメビウスの輪
    (12)
    ミュージックビデオ
    「旅立ちの唄」
    - YouTube
    EANコード
    EAN 4988061892214
    (TFCC-89221)
    テンプレートを表示

    旅立ちの唄」(たびだちのうた)は、日本バンドMr.Childrenの31枚目のシングル。2007年10月31日にトイズファクトリーより発売された[2]

    概要[編集]

    通常盤のみの1形態で発売。シングルとしては前作から約9か月ぶりの発売となった。

    アートディレクター信藤三雄 (C.T.P.P)。「人生に迷った時、誰かにとってこの曲が、そして音楽が明日を指し示すコンパスになれれば」という願いが込められている。

    オリコンチャートでは「innocent world」から27作連続初登場1位を獲得し、シングル連続1位獲得数、通算1位獲得数共にKinKi Kidsを上回って、それぞれ歴代2位(当時)、歴代3位(当時)となった。初動売上は「I'LL BE」以来14作ぶり、シングルカットを除くと「innocent world」以来26作ぶりに25万枚を下回ったが、累計売上は前作を上回っている。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲: 桜井和寿、全編曲: 小林武史Mr.Children
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「旅立ちの唄」桜井和寿桜井和寿
    2.「羊、吠える」桜井和寿桜井和寿
    3.「いつでも微笑みを from HOME TOUR 2007.06.15 NAGOYA」桜井和寿桜井和寿
    合計時間:

    楽曲解説[編集]

    旅立ちの唄
    東宝系映画『恋空』主題歌[3]
    NTT東日本企業広告CMソング
    発売前に、ライブツアー『Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-』のアンコールの最後に初披露された。この時はキーテンポが異なっており、1番はピアノ主体のアレンジバージョンであった(退場曲にはCD音源が使用された)。ミュージック・ビデオはこのツアーの日産スタジアム公演のライブ音源・映像を用いており、2008年12月10日発売の15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』の初回限定盤、2012年5月10日発売のベスト・アルバムMr.Children 2005-2010 <macro>』の初回限定盤、2018年3月21日発売のライブ・ビデオ『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。監督は谷聰志が務めた。
    13thアルバム『HOME』完成直後に生まれた楽曲。『恋空』の主題歌のオファーが来たのはその後のことだったが、桜井は「まるで原作を読んでからつくったような感じがすごくしたので、大げさじゃなく、運命的な出会いのような気がした」という[4]
    タイトルにの漢字を用いたのは、過去に発表した自身の楽曲「名もなき」と「優しい」があったためとのこと[4]
    タイアップの関係上、Mr.Childrenではこの曲のみ音楽出版社はバーニングパブリッシャーズとなっている。
    桑田佳祐が自身の番組『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』内の「寅さんが選んだ21世紀ベストソング20」の5位にこの曲を挙げ、歌唱した。
    羊、吠える
    ライブツアー『Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-』の期間中にレコーディングが行われた[5]
    桜井曰く「ダメな男の歌」[6]
    15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』に収録された。カップリング曲がアルバムに収録されたのは「空風の帰り道」以来となる。
    いつでも微笑みを from HOME TOUR 2007.06.15 NAGOYA
    10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』収録曲の「いつでも微笑みを」のライブ音源で、2007年6月15日に開催された日本ガイシホール公演の音源である。カップリング曲にライブ音源が収録されたのは「フラジャイル」以来となる。
    ブラスセクションを特徴づけた新たなアレンジが施されており、曲中で桜井は原曲と一部異なる歌詞を歌っているが、歌詞カードには原曲のまま掲載されている。桜井は「ライブでこの曲をやった時にすごく楽しくって。音楽的にもやるたびに毎回毎回、表情が違うし、原曲より、もっといいアレンジでライブができたので、今回シングルに入れました」と述べている[6]

    テレビ出演[編集]

    番組名 日付 放送局 演奏曲
    ミュージックステーション[7] 2007年10月5日 テレビ朝日 旅立ちの唄
    音楽戦士 MUSIC FIGHTER[8] 2007年10月26日 日本テレビ
    ミュージックステーション[9] 2007年11月2日 テレビ朝日
    COUNT DOWN TV 2007年11月10日 TBS
    恋うた2007[10] 2007年11月16日 NHK
    2007 FNS歌謡祭[11] 2007年12月5日 フジテレビ 名もなき詩
    旅立ちの唄
    ミュージックステーションスペシャル スーパーライブ2007[12] 2007年12月21日 テレビ朝日 旅立ちの唄
    HAPPY Xmas SHOW! 音楽とクリスマスが出会う夜[13] 2007年12月23日 日本テレビ ひびき
    旅立ちの唄

    ライブ映像作品[編集]

    曲名 作品名
    旅立ちの唄 Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-[注 1]
    Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ キーを半音下げて演奏された。

    出典[編集]

    1. ^ 旅立ちの唄 | Mr.Children”. ORICON NEWS. 2020年9月15日閲覧。
    2. ^ [Mr.Children] 映画主題歌&ライブDVD発売決定”. 音楽ナタリー (2007年9月10日). 2020年9月15日閲覧。
    3. ^ [Mr.Children] 映画「恋空」主題歌に未発表曲提供”. 音楽ナタリー (2007年7月11日). 2020年9月14日閲覧。
    4. ^ a b CDでーた角川マガジンズ、2007年12月号、22頁
    5. ^ WHAT's IN?ソニー・マガジンズ、2007年11月号、35頁
    6. ^ a b 『CDでーた』角川マガジンズ、2007年12月号、25頁
    7. ^ 出演者ラインナップ | ミュージックステーション”. テレビ朝日. 2020年12月18日閲覧。
    8. ^ [奥田民生] 今夜の「音楽戦士」は奥田民生特集”. 音楽ナタリー (2007年10月26日). 2020年12月18日閲覧。
    9. ^ 出演者ラインナップ | ミュージックステーション”. テレビ朝日. 2020年12月18日閲覧。
    10. ^ [Mr.Children] 恋を歌い紡ぐスペシャル番組に出演”. 音楽ナタリー (2007年10月15日). 2020年12月18日閲覧。
    11. ^ 年末の風物詩・FNS歌謡祭は今年も豪華メンバー”. 音楽ナタリー (2007年11月22日). 2020年12月18日閲覧。
    12. ^ 今年も超豪華!MステXmasスペシャル出演者発表”. 音楽ナタリー (2007年12月7日). 2020年12月18日閲覧。
    13. ^ 桑田・ミスチル・コブクロがXmas特番で豪華共演”. 音楽ナタリー (2007年12月12日). 2020年12月18日閲覧。