旅路 (1958年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旅路
Separate Tables
監督 デルバート・マン
脚本 ジョン・ゲイ英語版
テレンス・ラティガン
ジョン・マイケル・ヘイズ英語版[1]
原作 テレンス・ラティガン
銘々のテーブル英語版
製作 ハロルド・ヘクト
出演者 デボラ・カー
リタ・ヘイワース
デヴィッド・ニーヴン
ウェンディ・ヒラー
バート・ランカスター
音楽 デイヴィッド・ラクシン
撮影 チャールズ・ラング・Jr
編集 チャールズ・エニス
マージョリー・ファウラー英語版
ジョージ・ベームラー
製作会社 ヘクト=ヒル=ランカスター英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 UA/松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年12月18日
日本の旗 1959年3月24日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

旅路』(たびじ、Separate Tables)は、1958年アメリカ合衆国のドラマ映画。 監督はデルバート・マン、出演はデボラ・カーリタ・ヘイワースなど。 テレンス・ラティガン1954年初演の舞台劇『銘々のテーブル英語版[2]』をラティガン自らの脚色(ジョン・ゲイ英語版との共同脚本)で映画化した作品である。

ストーリー[編集]

イギリスの海に面した小さな町ボーンマスを舞台に、季節外れの古ぼけた小さな観光ホテル「ボーリガード」に滞在している人々を描いた群像劇

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1967年3月4日『土曜洋画劇場』)

※日本語吹替その他:河村久子、北原文枝津田まり子栗葉子勝田久

映画賞受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 作品賞 ノミネート
主演男優賞 デヴィッド・ニーヴン 受賞
主演女優賞 デボラ・カー ノミネート
助演女優賞 ウェンディ・ヒラー 受賞
脚色賞 ジョン・ゲイ英語版
テレンス・ラティガン
ノミネート
撮影賞(白黒) チャールズ・ラング・Jr
劇・喜劇映画音楽賞 デイヴィッド・ラクシン
ゴールデングローブ賞 作品賞 (ドラマ部門) ノミネート
監督賞 デルバート・マン
主演男優賞 (ドラマ部門) デヴィッド・ニーヴン 受賞
主演女優賞 (ドラマ部門) デボラ・カー ノミネート

エピソード [編集]

原作の舞台劇は当初、ローレンス・オリヴィエヴィヴィアン・リー(当時は夫婦)が主役を演じる計画があったが、オリヴィエが映画『リチャード三世』の仕事に入っていたため、実現がならなかった[2]

出典[編集]

  1. ^ クレジットなし。Separate Tables (1958) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年5月1日閲覧。
  2. ^ a b 銘々のテーブル”. 青空文庫. 2011年6月15日閲覧。
  3. ^ 原作舞台劇でも同じ役を演じた。