无邪志国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
无邪志国造
No image available.svg
本姓 武蔵氏のち笠原氏のち大部氏
家祖 兄多毛比命
種別 神別天孫
主な根拠地 无邪志国
(のちの武蔵国秩父除く))
著名な人物 #人物を参照
支流、分家#一族記載以外の氏族を記載)
菊麻国造
相武国造
上海上国造
下海上国造
千葉国造
大島国造
伯岐国造
矢田部氏
刑部氏
野与氏
凡例 / Category:日本の氏族

无邪志国造(むざしのくにのみやつこ、むざしこくぞう)はのちに武蔵国東部となる地域(无邪志国)を支配した国造である。

先代旧事本紀』の「国造本紀」において无邪志国造条の次に胸刺国造条があるが、この2国造は同一のものであるとする説と別であるとする説がある。

概要[編集]

表記[編集]

  • 无謝志国造
    古事記』での表記。
  • 武蔵国造
    のちの令制国の「武蔵国」の名称による表記である。『日本書紀』などで使用される。
  • 無邪志国造
    」は現在「」の簡体字として用いられている字である(wikt:无参照)。
  • 牟邪志国造
    先代旧事本紀』「国造本紀」伯岐国造(写本によっては波伯国造)条における表記。写本によっては牟耶志国造

祖先[編集]

  • 『古事記』によれば、天之菩卑能命の子建比良鳥命が无邪志国造などの祖であるという。出雲国造上菟上国造下菟上国造伊自牟国造遠江国造などと同系。
  • 『日本書紀』によれば、天穂日命が武蔵国造などの遠祖であるという。
  • 高橋氏文』によれば、磐鹿六獦命に従って景行天皇(第12代天皇)に料理を献上した大多毛比(大多毛比命は下記兄多毛比命の別名である[1])は「無邪国造」の上祖であるという。この「無邪国造」については、『先代旧事本紀』「国造本紀」(下記)に「无邪志国造」とあるのにより「邪」のあとに「志」を補って「無邪志国造」が本来の表記であったとされている。これは无邪志国造の別名である(#別名参照)。
  • 『先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、成務天皇(第13代天皇)の時代に出雲氏(出雲国造の氏族。)の祖、名は二井之宇迦諸忍之神狭命[注 1]の10世孫の兄多毛比命が初代无邪志国造に任命されたという。ただし「兄多毛比命」は度会延佳本による表記で[2]神宮文庫本は「兄多比命」と表記している[3]。この国造任命は成務天皇5年9月のことと考えられている[1]
  • 「東国諸国造」[4]では、意美豆努命―天穂日命―天夷鳥命(建比良鳥命)―伊佐我命出雲建子命)―津狡命(神狭命)―櫛瓺前命―櫛月命(久志和都命)―櫛瓺鳥海命―櫛田命―知理命―毛呂須命(世毛呂須命)―美都呂岐命―忍立化多比命―兄多毛比命となっており、同系図では出雲国造の分岐氏族で兄多毛比命は神狭命の9世孫となっている。
  • 「角井家系」[5]では、天穂日命天菩比命)―天夷鳥命(建比良鳥命)―出雲建子命―神狭命(二井之宇迦諸忍之神狭命)―身狭耳命―五十根彦命―天速古命―天日古曽乃己呂命―忍兄多毛比命―若伊志治命―兄多毛比命となっており、これに従えば兄多毛比命は神狭命の10世孫ではなく7世孫となる。

氏族[編集]

无邪志氏(むさしうじ、)で、出雲臣と同系であり、同族に相武国造上海上国造下海上国造千葉国造新治国造等がいる。『日本後紀弘仁二年九月条に出羽国人の无邪志直膳大伴部廣勝の名が見える。

  • 大部氏(おとともうじ)
    系図[1]によれば、八背直()は応神天皇(第15代天皇)の時代に膳大伴部(かしわでのおおともべ。天皇の食膳調達にあたる部民氏族。)となり供奉したので膳大部氏(かしわでのおおともうじ。姓は直。)を名乗ったという。これは膳大伴部の在地統率氏族である膳大伴氏(かしわでのおおともうじ)の異表記である。同じように、大部氏(おおともうじ)とは膳大伴氏の略である大伴氏(おおともうじ。下記参照。)と同一のものである。
  • 武蔵氏
    奈良時代官人藤原仲麻呂の乱の功績により武蔵国造に任じられた大部不破麻呂#人物参照)がその時に賜った氏である。

一族[編集]

以下に記載する氏族などが一族である。

  • 笠原氏
    武蔵国造を歴任した氏族。宇志宿祢の子・筑麻呂に始まり、笠原使主を輩出した。
  • 物部氏(姓は直)
    笠原使主の子で、推古天皇の時代に舎人として仕えた国造物部兄麻呂が物部直を賜姓された。
  • 大伴氏(姓は直)
    上の大部氏の項に記したとおり、大伴氏はのちの武蔵国足立郡を本拠とする大部氏と同一のものである。またのちの武蔵国多摩郡郡領家にも大伴氏があるが、『姓氏家系大辞典. 第1巻』は多摩郡郡領家の大伴氏について「足立郡なる大伴直家の分流にして、多摩の屯倉を掌どりし氏ならんか」としている。同名の氏族にはヤマト王権の有力豪族で物部氏と共に朝廷の軍事を管掌していたと考えられている大伴氏(姓はのち宿禰)がいる。
  • 檜隈舎人氏(桧前舎人氏とも。姓は直。)
    」は「」の簡体字である(wikt:檜参照)。

本拠[編集]

支配領域[編集]

无邪志国造の支配領域は当時无邪志国と呼ばれていた地域である。无邪志国はのちの令制国武蔵国にあたる[7]。ただし、秩父(知々夫国造の支配する知々夫国だった)を除いた範囲をさすとする説もある。現在の埼玉県東京都境界周辺、荒川流域にある[8]北足立郡入間郡・旧大宮市[7]に当たる。

地名の起源については、武蔵国#「武蔵」の国名を参照。

无邪志国は知々夫国造の支配した知々夫国と合わさって7世紀令制国武蔵国となった。当初武蔵国は東山道に所属していたが、771年東海道に移管された。

氏神[編集]

関連神社[編集]

[編集]

人物[編集]

  • 兄多毛比命(えたけひのみこと、大多毛比)
    景行朝または成務朝の初代无邪志国造。忍立化多比命の子で、弟に相武国造の祖である弟武彦命がいる。
  • 荒田比宿禰(あらたひのすくね)
    神功皇后同世代の国造。兄多毛比命の子で、兄弟に上海上国造の祖・伊狭知直菊麻国造の祖・大鹿国直、大鹿国造の祖・穴倭古直、伯岐国造の祖・大八木直がいる。
  • 宇志宿禰(うしのすくね)
    荒田比宿禰の子。
  • 筑麻呂(つきまろ)
    宇志宿禰の子。兄弟に矢田部氏の祖・乙名古と大部氏の祖・八背がいる。
  • 蚊手(かて)
    允恭朝の国造。筑麻呂の子で、弟に刑部直の祖・忍敷がいる。
  • 加志(かし)
    蚊手の子。
  • 波留古(はるこ)
    加志の子。弟に碓古がおり、その子(波留古の甥)が小杵
  • 笠原使主(かさはら の おみ、おぬし[15]
    安閑朝に同族の小杵(後述)と国造の地位の相続を争い(武蔵国造の乱)、朝廷より国造に定められて勝利した。波留古の子で、兄弟に檜前舎人直の祖・和尓古と久良売がいる。
  • 物部兄麻呂(もののべ の えまろ)
    推古朝舎人で国造。使主の子で、兄弟に倉見がいる。
  • 武蔵不破麻呂
    奈良時代官人。もとは丈部氏だったが、藤原仲麻呂の乱の功績で国造に任じられた時に武蔵氏を賜った。

子孫[編集]

呂者。擅於己造寺。而隨恣心借用寺物。未報之死亡焉。爲償此物故受牛身者也。
(赤麻呂は自らが造った多磨寺か)の物を借用し、それをまだ返さないうちに死んだ。この物を償うために牛の身を受けたものである。)
と書かれていたという。

系譜[編集]

天照大御神
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天忍穂耳命
皇室多臣、阿多隼人等祖)
天之菩卑能命
(侫媚於大己貴神
天津日子根命
山背国造凡河内国造三上氏等祖)
 
 
建比良鳥命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出雲建子命
櫛玉命、伊勢津彦)
伊佐我命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神狭命
(諸忍毘古命)
美志印命
神武朝定賜素賀国造
津狡命彦建忍雄心命
(神武朝近江国馬見丘、近江国出雲臣祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
身狭耳命櫛瓺前命出雲色多利姫
物部連祖彦湯支命妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
五十根彦命櫛月命沙麻奈姫
大神君祖健飯勝命妻)
 
 
 
 
天速古命櫛瓺鳥海命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美都呂岐命櫛田命
出雲国造、筑紫出雲臣、土師連、品治部臣、財部臣、日下部臣、日置部臣、物部臣等祖)
出雲久志祢命
(宍道直祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍立毛多比命比奈良珠命
崇神朝新治国造祖、成務朝定賜国造)
比古曽乃凝命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兄多毛比命
(大多毛比、成務朝定賜无邪志国造
弟武彦命
(同朝定賜相武国造
忍立毛比命
(同朝定賜上海上国造下海上国造千葉国造等祖)
建御狭日命
(同朝定賜高国造伊甚国造阿波国造、岩城直、大伴直等祖)
息長命
景行朝供奉、針間国賀茂郡山直祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
荒田比乃宿祢
(无邪志国造)
大鹿国直
(成務朝定賜菊麻国造
穴倭古直
(同朝定賜大島国造)
大八木足尼
(同朝定賜伯岐国造)
由加来直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宇志宿祢
(无邪志国造)
小鹿直
(来熊田造祖)
弟媛
応神天皇妃)
黒倍直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
筑麻古乙名古
(矢田部祖)
八背直
(大部祖)
息島
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蚊手忍敷
允恭朝為刑部勝部)
強頸
仁徳朝入水)
牛頸直
 
 
 
 
加志押熊直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
波留古碓古佐宜古直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
使主
安閑朝定賜国造、献屯倉
和爾古
(檜前舎人直祖)
久良売小杵
(被殺)
馬養直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兄麻呂
推古朝国造)
倉見笠麿直
 
 
 
 
角足鯛執直
 
 
氷上万呂
足立郡郡司大領
 
 
道足
(同郡司少領)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
国守
主政
古麿
(同郡司)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
不破麿
(同郡司大領、称徳朝武蔵宿禰姓、為武蔵国造
嶋足武主弟万呂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弟総
(同郡司大領、為武蔵国造)
家刀自
掌侍兼典掃)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武総
(同郡司大領)
稲麿

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「神狭命」の別名は「諸忍毘古命」である[1]
  2. ^ リンクは大國魂神社のサイト内。
  3. ^ 一宮を参照。
  4. ^ 日本書紀』に記述されている年を機械的に西暦に置き換えて算出したもの。
  5. ^ 日本書紀』に記述される在位を機械的に西暦に置き換えたもの。
  6. ^ a b 四等官を参照。
  7. ^ 国司(国司の長官四等官を参照))の権官
  8. ^ 国司次官四等官も参照)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 埼玉叢書. 第3巻』内「武州一宮氷川神社書上」内「西角井從五位物部忠正家系」442頁。
  2. ^ 国史大系. 第7巻
  3. ^ 新訂増補國史大系 第7巻
  4. ^ 中田憲信「東国諸国造」『諸系譜』第一冊。
  5. ^ 武州一宮氷川神社書上」内「西角井從五位物部忠正家系」『埼玉叢書. 第3巻』、441-442頁。
  6. ^ 武蔵国(平凡社 埼玉県) & 2004年.
  7. ^ a b 日本歴史地図 原始・古代編 下』。
  8. ^ a b 无邪志国造 ( 武蔵 ) - 日本辞典(2018年3月1日 午前8時24分(JST)閲覧)
  9. ^ 由緒・歴史 - 大國魂神社(東京・府中)(2018年3月2日午前0時(夜)41分(JST)閲覧)
  10. ^ 東京府 (編)「大國魂神社」『東京府西多摩郡南多摩郡北多摩郡名所旧蹟及物産志』東京府、1912年、pp. 92f。
  11. ^ a b c d 坪宮 - 大國魂神社(2018年2月1日午後3時28分(JST)閲覧)
  12. ^ a b c d 氷川神社について - 武蔵一宮 氷川神社(2018年7月2日午前10時54分(JST)閲覧)
  13. ^ a b 角川日本地名大辞典 11 埼玉県』。
  14. ^ 宝賀寿男「第三部 畿内・東国に展開した初期分岐の支族 二 武蔵国造と東国の諸国造族」『古代氏族の研究⑯ 出雲氏・土師氏 原出雲王国の盛衰』青垣出版、2020年。
  15. ^ 中野区史. 上巻』。

参考文献[編集]

  • 「埼玉郡」『日本歴史地名大系 11 埼玉県の地名』平凡社、2004年。ISBN 4582910300。
  • 『國史大辭典』(吉川弘文館
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社
  • 『神道大辞典』(臨川書店)
  • 国史大系. 第7巻経済雑誌社経済雑誌社、1901年、凡例1頁,本文407頁。2017年12月25日閲覧。リンクは国立国会図書館デジタルコレクション
  • 新訂増補國史大系 第7巻』黒板勝美吉川弘文館、1998年、新装版、先代舊事本紀凡例1頁,先代舊事本紀本文142頁。ISBN 4642003088。
  • 埼玉叢書. 第3巻柴田常恵, 稲村坦元、三明社、1929年、441-450頁。2018年2月6日閲覧。リンクは国立国会図書館デジタルコレクション、234コマ目。
  • 太田亮姓氏家系大辞典. 第1巻』姓氏家系大辞典刊行会、1936年、1233頁。2018年3月30日閲覧。リンクは国立国会図書館デジタルコレクション、690コマ目。
  • 東京都中野区中野区史. 上巻東京都中野区、1943年、112頁。2018年6月24日閲覧。リンクは国立国会図書館デジタルコレクション、100コマ目。
  • 角川日本地名大辞典 11 埼玉県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三角川書店、1988年7月1日、再版、716頁。
  • 『日本歴史地図 原始・古代編 下』竹内理三等、柏書房、1982年、289頁。

関連項目[編集]