既晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
既晴
プロフィール
出生: 1975年
出身地:  台湾高雄市
職業: 小説家
各種表記
繁体字 既晴
簡体字 既晴
拼音 Jì Qíng
和名表記: きせい
発音転記: ジーチン
テンプレートを表示

既晴(きせい)は台湾推理作家。本名は陳信宏台湾推理作家協会の前身となった台湾推理倶楽部の主催者。現会員。

略歴[編集]

1995年、台湾の推理小説誌『推理雑誌』に掲載された短編「考前計劃」でデビュー。2002年、長編『請把門鎖好』で第4回皇冠大衆小説賞の大賞を受賞した。

台湾推理作家協会の前身となった台湾推理倶楽部の主催者であり、台湾の推理小説界で中心的な役割を果たしている。

台湾推理作家協会賞の選考委員を務めるほか、浮文誌新人賞浮文誌新人獎、日本の文芸雑誌『ファウスト』(講談社)が主催するファウスト賞の台湾版)の選考委員も務めている。

2006年10月には台北の誠品書店信義店で綾辻行人島崎博との座談会、2007年4月8日には同店で島田荘司との座談会を行うなど、日本の推理作家との交流も多い。

作品リスト[編集]

単行本
  • 請把門鎖好 (皇冠文化出版、2002年2月)
  • 別進地下道 (皇冠文化出版、2003年12月)
  • 魔法妄想症 (小知堂文化事業有限公司、2004年7月)[1] - 初出2000年
  • 網路凶鄰 (皇冠文化出版、2005年2月)
  • 超能殺人基因 (皇冠文化出版、2005年11月)
  • 献給愛情的犯罪 (小知堂文化事業有限公司、2006年1月) - 短編集
    • 「考前計劃」(1995年)、「復仇計劃」(1996年)、「鴦歌」(1997年)、「我的愛情與死亡」収録
  • 重返刑案現場 (金城出版社、2006年7月) - 法医学者の高大成との共著
  • 修羅火 (皇冠文化出版、2006年9月)
  • 病態 (皇冠文化出版、2008年2月) - 短編集
  • 感應 (皇冠文化出版、2010年12月) - 短編集
アンソロジー収録短編
  • 月与人狼 (『台湾推理作家協会傑作選1』、2008年3月) - 初出2004年

脚注[編集]

  1. ^ 『本格ミステリー・ワールド2008』(南雲堂、2007年12月)所収の島田荘司のエッセイで、現在邦訳の作業中とされている。