日テレオンデマンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

日テレオンデマンド(にっテレオンデマンド)は、

  1. インターネットテレビなどHulu以外の動画配信サービスに日本テレビや一部系列局[注釈 1]で放送された様々なジャンルの番組配信を行うサービスの通称。
  2. 日本テレビ放送網株式会社が、同局のニュース専門チャンネル日テレNEWS24のライブ配信サービスとして運営中およびかつて有料のビデオ・オン・デマンド事業として運営していたサービス名称。

である。ここでは、2. について詳述する。

概要[編集]

かつての日テレオンデマンドは、日本テレビや系列局で放送された様々なジャンルの番組動画や独自コンテンツ[1]を有料・無料の両方の番組として配信していた。価格は1本あたり税抜き7日間300円。無料番組のうち、旧第2日本テレビ側で配信されていた番組に関しては登録無しで視聴出来た。また、日本テレビのニュース専門チャンネルである日テレNEWS24のwebサイト[注釈 2]向けのCS放送との同時ライブ配信(地上波レギュラー同時放送番組を除く)も無料で行っている

2019年9月で有料動画配信のサービスとしては終了[2]し、同年10月より日テレNEWS24のライブ配信のみに一本化。日本テレビ系の有料動画配信サービスはHuluに一本化された。

略歴[編集]

  • 2010年12月1日 - サービス開始。これ以前にも日本テレビは「第2日本テレビ」で動画を配信していた他、インターネット動画配信会社に番組の提供を行っていたが、これ以後ブランド化された。
  • 2012年
    • 3月26日 - 自社による作品管理、及び課金業務を行う自社配信を開始[3]
    • 10月1日 - 2005年10月から日本テレビのビデオ・オン・デマンド事業としてサービスを開始し、「日テレオンデマンド」のサービス開始以後は無料ビジネスとして動画配信を行ってきた「第2日本テレビ」の事業を吸収する形で、日本テレビのビデオ・オン・デマンド事業が「日テレオンデマンド」に一本化された。「第2日本テレビ」が行ってきた無料配信は以後、「日テレオンデマンド ゼロ」の名称で引き継がれた。
  • 2013年
    • 4月1日 - 日テレオンデマンドと同ゼロに分かれていた名称を日テレオンデマンドに統一。第2日本テレビ側トップにアクセスすると、オンデマンド側に飛ぶように設定が変更された。
    • 7月 - アニメ「帰宅部活動記録」「ガッチャマン クラウズ」において、日本テレビとのOA同時配信を開始。
  • 2019年
    • 9月30日 - 日テレオンデマンドの有料動画配信サービス終了。同日より日テレオンデマンドのサービスは日テレNEWS24のライブ配信に一本化。

内容[編集]

ドラマ

など

アニメ

など

バラエティー

など

スポーツ

など

映画
  • 日本テレビが製作・出資する映画の一部作品

その他、日活マッドハウスなどの日本テレビ関連会社作品も配信している。

第2日本テレビ→日テレオンデマンド ゼロでの配信作品(会員登録不要)
  • 主にキユーピー3分クッキングや一部のミニ番組等。詳しくは第2日本テレビを参照。

補足[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 「ytv MyDo!」の配信サービスを持つ読売テレビは独自で他社動画配信サービスに番組提供しており、中京テレビは東海3県ローカル用として「Chuun(現・Locipo)」の配信サービス、広島テレビは県内ローカル用に「広島テレビオンデマンド」があって、GYAO!にコンテンツ提供していた。
  2. ^ 日テレNEWS24公式サイト、Yahoo! News
出典
  1. ^ “有料配信「日テレオンデマンド」スタート 「君に届け」など”. アニメ!アニメ!ビズ (イード). (2010年11月30日). http://www.animeanime.biz/archives/6241 2019年8月15日閲覧。 
  2. ^ 日テレオンデマンド サービス終了のおしらせ”. 日本テレビ. 2019年8月15日閲覧。
  3. ^ “自社による有料動画配信をスタート” (プレスリリース), 日本テレビ, (2012年3月26日), http://www.ntv.co.jp/info/news/654.pdf 2019年8月15日閲覧。 
  4. ^ 日テレオンデマンドバンダイチャンネル公式サイト

関連項目[編集]